愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かどや@埼玉県鴻巣市宮前

本日は埼玉県鴻巣市宮前にあるかどやさんにお邪魔しました。


鴻巣に行くっと言えば、必ず免許更新!?っと聞かれる埼玉県。

私の場合出張なんですが…。




夏の終わりに必ず来ているらしく去年初めて訪問した時は8月。

つまり一年ぶりの訪問。

前記。

http://hal9000se.blog.fc2.com/blog-entry-1313.html

佇まいがまったく変わりませんね。




駄菓子屋を兼ねているのか、おつまみ用なのか充実した駄菓子のラインナップも変わりません。




お酒の種類は一年でかなり増えたっぽいのは立ち飲みに特化してきているのかな!?




メニューも変わらないですね。




テーブルの上はこんな感じ。




私も変わらず一年前と同じオーダー。

もつ煮ランチ500円。




漆黒の汁。これが関東風!私はもっと田舎の埼玉県出身者なので、この漆黒の汁が嬉しい。

コメントコピペにしてみました。




前回訪問時は白飯でしたが、今回は炊き込みごはん。

やっぱりうどんには炊き込みごはんかカレーってのが関東流。




相変わらずネギどっさりのもつ煮。

ネギで有名の深谷に近い土地柄だろうか!?




なぜかうまい卵焼き。

醤油の瓶も一緒に提供されますが、必要ないですね。

大根の辛さがまたポイントが高いですね。





サラダのトマトがプチトマトになってました。




漬物がキムチってのは今の日本ではデフォルトですね。

突撃!隣の晩ごはんのヨネスケ師匠が言っておりました。














日本で一番食べられてる漬物はなに?ってのは講演会での鉄板ネタだそうです。

時間もなかったのでずるずるっていただきましてご馳走様でした。



ちなみにテーブルにはこんなステッカーがありますが、灰皿をお願いすると出てきます…。


かどや
048-596-0428
埼玉県鴻巣市宮前165-1
営業:9:00~18:00
定休:不定休


訪問履歴

もつ煮ランチ

もつ煮ランチ

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でからあげ、生姜焼き定食@一休食堂(東京中央卸売市場食肉市場、東京都港区港南)

本日(20160829月)は東京都港区港南、東京中央卸売市場食肉市場にある一休食堂にお邪魔しました。


妹ちゃんの夜泣きが…。

お姉ちゃんの赤ちゃん返りが…。

っと言うことでお姉ちゃんと二人でデート。

築地でも行ってやろうかと思ったのですが、4歳児連れってのは結構厳しいし雨予報も出ていたので、品川のアクアパークに伺いました。




いつものパターンではどこぞで食事→アクアパーク→アンナミラーズって所なんですが、本日は平日♪

品川で平日食事がとれるってことは!




食肉市場(品川市場)で食事ができるってことですね。

http://www.shijou.metro.tokyo.jp/info/02/

品川駅の港南口を降りればすぐある、食肉市場です。

食肉市場ってなかなか入りずらいんですが、こちらはかなりフレンドリーです。




そして食肉市場唯一の食堂。一休食堂です。

平日ランチの時間帯ははサラリーマンも参戦するのでかなり混雑します。

子連れってことで、ランチ時間をちょいと外して伺いました。

狙いは正しかったらしく並びなし。

店内も平和な雰囲気です。




子連れなので中途半端な画像ですいません。

もっとも子連れじゃなくてもこんなもんですが…。




灰皿にスポーツ新聞は完備されているのですが、なにせ子連れなもので…。

とりあえずビールは、子連れなので!?




子供も食べやすいことを考え生姜焼き定食。

前回訪問時とかぶってしまった…。

生姜焼き定食@一休食堂

市場の食堂ですが、子供用の小皿にフォークにスプーンまで出してくれるホスピタリティー。




甘くない大人の生姜焼きなんですが、4歳児が食べる食べる。

マカロニやちょっとしたサラダも好印象ですね。




つい唐揚げも追加。

これが生姜焼きとは対照的に甘い!

これまた子供が食べる食べる。


お父さんもビールが進みます。

熱燗に移行しようかとも思ったんですが、なにせ子連れなもので…。


お会計時に飴をたくさんもらったりして、結構入りずらい雰囲気を持つ食肉市場ですが、こちらの市場に食堂は子連れでもフレンドリーに対応してくれます。

もっともお客もお店に気を遣うのは当然のことですが。



いろいろ広報活動もしているようなので、家族連れで是非遊びに来てみてはいかがでしょうか?




















(目次)市場で朝ごはん


訪問履歴

からあげ、生姜焼き定食@一休食

生姜焼き定食@一休食堂


一休食堂
03-5479-0651
東京都港区港南2-7-19(東京中央卸売市場肉食市場内)
営業:
定休:

訪問履歴
からあげ、生姜焼き定食@一休食堂

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場で炒飯@一休(浦和卸売市場、さいたま市桜区桜田)

本日(20160827土)は浦和卸売市場にある、一休さんにお邪魔しました。

当たり前と言えば当たり前なんですが、乳飲み子を抱える家族はとにかく眠いです…。






本題。


眠くても腹は減る。母親にも栄養のあるものをと浦和卸売市場までやってきました。


本日はバケツをひっくり返したような土砂降り。


こんな日なのになぜか市場はいつもに増して活気があります。


お肉に野菜にお惣菜を買って早く帰らなければ!!っとは思うのですが…。







足はこちらのほうに向かってしまいました。







先客は4名。

この時間にしては大入りですね。なぜこの大雨の日に!?

とりあえず私は時間がないのでなんでもいいから早くできるものを!とスポーツ新聞を広げたりする…。

忙しいので店内、メニュー写真は過去のレポートで。

気が付けば一休の炒飯3連チャンだったんですね。







炒飯(500円)


前回に続き炒飯になってしまいましたが、前回は軽めの50円引き。


比較するほど余裕がありませんので下記リンクを参照してください。



http://hal9000se.blog.fc2.com/blog-entry-2488.html







やっぱり市場の炒飯って美味しいなぁ。


もともと市場の食堂って忙しく働いている人が栄養補給するためのお店なんだもんなぁ。


カレー、牛丼、炒飯は早くて美味しいのは当たり前なんだろうな。


吉野家のキャッチフレーズも「早いの、うまいの、安いの」だったもんな。


早いってのが一番優先順位高いんだよなぁ~。


なんて思いながら掻き込みます。






ちなみにこちらは炒飯を頼むと、味噌汁かスープか聞かれます。


「味噌汁にしますか?スープにしますか?」、「味噌汁で!」、「スープですね。」、「いや、味噌汁でお願いします。」なんてやり取りを経て味噌汁にありつきます。


やっぱりしっとり炒飯には味噌汁が合う。



しかし私の「味噌汁」の発音は直さなければいけないんでしょうね。


先日さか本さんでも同じようなことが…。


炒飯@さか本






豪華漬物2点盛り。


朝から贅沢なもんですな!


口の中をリフレッシュして、ごちそうさまでした。


買い出しの残りを済ませて早く帰らなければ!




早く帰らなければ!




寝不足の頭では効率的な買い出しができなくうろうろしていたようで、お肉屋さんのお兄さんに「お帰り!」っと声をかけられてしまいました。

「ただいま。」とお答えして、早く帰らなければ!



(目次)市場で朝ごはん


一休
048-862-4916
埼玉県さいたま市桜区桜田3-3-1

浦和卸売市場内http://www.urawaseikashijo.co.jp/
営業:
定休:水、日、祝(浦和卸売市場に準じる)


訪問履歴

炒飯@一休

炒飯@一休

炒飯@一休

中華丼、野菜炒め@一休

焼肉定食、野菜ラーメン@一休

野菜煮込みラーメンセット@一休

野菜ラーメン@一休

タンメン@一休

ラーメン@一休

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

銀座ライオン銀座七丁目店@東京都中央区銀座

本日は東京都中央区銀座にある銀座ライオン銀座七丁目店さんにお邪魔しました。

http://www.ginzalion.jp/top.html


って言っても5月あたりのお話し…。

こちらのブログは訪問日時と掲載日時が大きく大きく異なっております。

訪問の際は必ずまともな情報を確認してください。


実はこちらのブログを見て思い出した次第であります。




日曜の銀ブラ。もっともブラジルコーヒーは飲んでませんが…。

銀ブラ(wikipedia)




当然ここはビヤホール狙いな訳なんですが、昼から大混の大人気店。

待ちの長い列ができていました。




4歳児連れでビヤホールの列に並ぶってのもいかがなもんか!?と、ちょいと悩んでいると店員さんが、2階のレストランは待ちなしですよ!と声をかけてくれる。

アンパンマンを食べると言い出す娘には勝てず、2階のレストランへ。

まあ同じ建物だから聖地巡礼シリーズでいいかな!?




二階に上がると腹話術の人形がお出迎え。




歴史などを読みつつしばし待ち。




席に案内されます。

流石老舗って感じの接待ですね。




厨房が覗けるってのもいいですね。




何をいってもとりあえずビール。




子供は願い通りのお子様ランチのアンパンマン。

大人が食べても満足いく味でした。

お父さんのつまみにもう一つおい願いしようか悩むくらいです。




奥さんにはホリデープレート。

写真で伝わるでしょうか!?でかいんです!!

大人様ランチですね。

デミグラスソースの美味しいこと!!




私のつまみはローストビーフ。

実は私ローストビーフがあまり得意ではない。

ホテルで食事をするときにいかにもなやつを食べるのであるが…、これホントにうまいかぁ~!?なんて思っているタイプなんですが…。

こちらのローストビーフは脂も厚さも好みの感じで美味い!流石老舗と思ってしまいました。もしかしたら私の味覚が昭和なのかも知れませんが…。




とりあえず食事を済ませた家族をしり目にいろいろビールを飲みました。




正直ビールは一杯目が一番うまいかな!?って思うくらいの味覚の持ち主な私…。

いろいろ試すのは好きなんですが、味の違いは判りませんでした。

ともあれビヤホール狙いで伺いましたが、レストランに来てよかったかな!?なんて思えるいい店でした。

ごちそうさま!




中二階というか踊り場に喫煙所があるってのもノスタルジックな感じですね。

BEER&WINE GRILL銀座ライオン 銀座七丁目店 
03-3571-2590
東京都中央区銀座7-9-20 銀座ライオンビル2F
営業:11:30~22:30
定休:



ちなみにビヤホールはこんな感じ。

さすが創業1934年ビやホールって感じがします。

“作るなら後世に残る名店を”って意気込みがビンビンに感じられます。















銭湯で一杯やりたかったな!?ってネタバレですかね!?


以下メニューになります。





























テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

銀座堂@埼玉県上尾市柏座

本日は埼玉県上尾市柏座にある銀座堂さんにお邪魔しました。




上尾駅に併設されてるといってもいいくらい近い銀座堂さんですが、陸橋があるため人通りは少ないですね。

もっともそんな雰囲気のほうが私は好みだったりしますが…。



店内こんな感じ。

厨房をぐるっと囲んだカウンターと壁際のカウンター。

かなりの収容人数だと思う。

昔々はそうとう流行っていたんでしょうね。





こちらの流儀は入店したら、蕎麦かうどんを選んで、カウンターに並べられた天ぷらを選び注文といった昔ながらの立ち食いソバ。



うどんもそばもすでにどんぶりの上で待機しております。




懐かしのカウンター上のゆで卵!!

これ最近見なくなりましたよね。

昔々は結構な確率でファストフード店にはあった気がします。

注文してからおもむろに手を伸ばし、ぽくぽくと食べながら蕎麦を待った覚えがあります。





壁一面に張り巡らせられたメニューはありますが、あまり見る人もいないんでしょうね。



もっとも私メニューを熟考するタイプですが…。




本日は両入りそば。

いわゆる天玉そばですね。


どんぶりに待機させてあったそばを注文と同時にお湯にくぐらせ、ちゃっちゃとどんぶりに戻す。

揚げてからしばらくたっただろうかき揚げを乗せ、濃い目のつゆをぶっかける。

パカっと卵を落とし、「ハイ!お待たせ!!」

味うんぬんをいうのは野暮じゃございませんか!?

ざざっと平らげて、ごちそうさま!

5分もかからず引き揚げます。


世界最速フード。

高度経済成長を支えた戦士たちの戦争飯。

そんなものが今こんな場所でいただけるんですから、うれしいじゃありませんか!?




なかなか上尾に足を運ばない私がいうことじゃないですが、長く続いてほしいお店ですね。


















銀座堂
048-771-3534
埼玉県上尾市柏座1-1-21

営業:

定休:

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場で炒飯@さか本(埼玉県中央市場、埼玉県さいたま市桜区桜田)

本日(20160818木)は埼玉県中央市場にある、さか本さんにお邪魔しました。


記事が前後しておりますが、いろいろありまして…。




雨模様の昼過ぎ。

お昼ごはんをいただこうとやってまいりました。




階段昇る時にはすでにメニューは決まっていたこの日。




座席についてスポーツ新聞と灰皿を確認すると、いつもは厨房にいるお姉さんがお水とおしぼりを持ってきてくれました。

メニューも見ずにお姉さんにお願いします。




スポーツ新聞をめくりながら、今日のお勧めを見たりしてしばし待ちます。

軽快なフライ返しの音と言ったらお分かりになるでしょうか!?




本日は炒飯にしてみました。

市場の炒飯にちょいとハマっていたのを思い出して、こちらでもいただいておかなければと思ったんですよね。

よくしっとりとかパラパラとか言いますが、こちらの炒飯は第三の勢力、たまごでふわふわ炒飯でした。

う~ん、好みなんでしょうが、私はしっとり炒飯が好きですね。


ちなみに炒飯をお願いすると、味噌汁かスープか聞いてくれます。



味噌汁と言ったはずなんですが…、まあご愛敬。

ごちそうさまでした。















(目次)市場で朝ごはん


さか本

埼玉県さいたま市桜区桜田3丁目3-1
営業:6:00~14:00
定休:日・祝(埼玉中央市場休場日に準じる)

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でイワシの塩焼き、ダツイモ@魚源食堂(柳橋中央市場、愛知県名古屋市中村区名駅)

本日((20160723土)は名古屋市中村区名駅、名古屋綜合市場ビルにある食堂魚源さんにお邪魔しました。


下記マップ参照

http://www.sougou-shijou.co.jp/pdf/ichiba.pdf


柳橋中央市場に日参しなくなって一年半、前回伺ってから僅か四か月ですが、柳橋中央市場はものすごく変わっています。

かつやさんやくろちゃんの入っている柳橋食品ビルはH28年末で閉鎖。

それに伴ってか、くろちゃんは閉店(市場でガーン@くろちゃん)、かつやさんの動向も不明(市場でミックスフライ@食堂かつや)、マルナカ食品センターは元気に変わっていて、飲食店が増え朝から夜までにぎわっているようです。




時代によって、人によって変わっていくのは当たり前ですが、昔を懐かしむには変わらないものを探してしまいます。

いつもそこにある安心感。柳橋総合市場ビル。




初めて伺ったときはだいぶ勇気が必要だったこの入り口に安心感を覚えます。

魚源食堂さんバリバリ営業中。




お久しぶりです。っと声をかければ、あれっ!?熱燗でしたっけ!?なんて昨日も来たかのように声をかけてくれます。

ほかのお客さんの接客をしながら、近況報告、昔話、ポケモンの話まで、話は尽きません。




お刺身は鮪しかないってことで、外で鮪を食べない私の好みまで覚えていただいていたらしく焼き魚を進められました。




イワシの塩焼き三杯酢かけ。

しょうがも乗った贅沢な一品。

焼き魚に三杯酢って合うなぁ~。しみじみ美味しい。




そして魚源さんで一番最初に好きになったピーマンの炒め物。

やっぱり美味しい。

なんでもない料理がおいしいってのは、その店のセンスの良さがわかりますね。




そして名古屋の煮物と言ったらダツイモ。

昔からの人はステッキって頼んだりします。

現物はお目にかかったことがないんですがステッキみたいな形をしているようです。

歯触りのよい里芋って感じで美味しい。




味噌汁は野菜と貝から選びます。

私はいつも貝ってのも、お姉さんは覚えていてくれたらしいです。


関東から東海に移り住み、一番驚いたのは食文化の違い。

初めて赤みその味噌汁を見たときビーフシチューかと思ったのを今では懐かしく思う。こんな味噌汁毎日飲むのか!?なんて違和感を感じで3年、慣れ始めて3年、好きになって3年、大好きになって1年で関東に戻る。

そして一年半ぶりのこてこての赤みその味噌汁のお味は…、やっぱりびっくりしました!

慣れって恐ろしいですね。


それでも身も心も尾張名古屋を満喫できました。

ごちそうさまでした。

またお邪魔します。

















(目次)柳橋中央市場


(目次)市場で朝ごはん


食堂魚源

名古屋市中村区名駅四丁目15番15号 名古屋綜合市場ビル内

http://sougou-shijou.co.jp/

052-541-5415

6:00~10:00

営業日:名古屋総合市場に準ずる。

12月31日は休業


訪問履歴

イワシの塩焼き、ダツイモ@魚源食堂

鰹刺し、ピーマン炒め@魚源食堂

鰹刺、イカゲソ、きゅうり@食堂魚源

青柳@魚源食堂

朝酒@食堂魚源

カワハギ煮付け@魚源食堂

ホタルイカ@魚源食堂

煮穴子2@魚源食堂

ブリの塩焼き@魚源食堂

さし盛@魚源食堂

キンキ@魚源食堂

揚げ出し豆腐@魚源食堂

ソーセージ@魚源食堂

戻り鰹@魚源食堂

塩辛@魚源食堂

角麩@魚源食堂

一味鯛@魚源食堂

ポテトサラダ@魚源食堂

アカシャエビの天ぷら@魚源食堂

ハモの湯引き&イサキ刺し@魚源食堂

茹でイカ@魚源食堂

焼きナス@魚源食堂

アカイカ@魚源食堂

煮穴子@魚源食堂

シャコ@魚源食堂

ダツイモ@魚源食堂

赤魚煮付け@魚源食堂

鰯&鮪@食堂魚源

鳥貝@魚源食堂

石カレイ@魚源食堂

カツオ@食堂魚源

カレイ@食堂魚源

牡蠣フライ@魚源食堂

茶碗蒸し@魚源食堂

〆サバ@魚源食堂

汐っ子(しおっこ)@魚源食堂

鰆@魚源食堂

ひらめ@魚源食堂

刺盛@魚源食堂

甘海老@魚源食堂

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場で朝食セット@CAT BASE(さいたま春日部市場、埼玉県春日部市小渕)

本日(20160805金)は埼玉県春日部市小渕にあるさいたま春日部市場外にお邪魔しました。


前記の市場でラーメン @食堂秀子のお隣さんに向かいます。




市場に似つかわしくないめちゃくちゃおしゃれな外観。




っが、モーニングセットがあったりするのは、やはり市場ならではかなと思ったりする私。

愛知県で出しても恥ずかしくないモーニングの内容ですね。




店内こんな感じ。

カウンターにテーブル。

やっぱりめちゃくちゃおしゃれです。




テーブルの上には基本調味料に岩塩まで置いてあったりします。

スポーツ新聞はカウンターの前のラックにおいてあるのを店を出るときに気づく私…。

店内禁煙。





cat baseの名に恥じない猫っぷりのメニュー。




基本は喫茶店なんでしょうね。




フードメニューもこの充実っぷり。




それでも私、食堂でラーメン食って、喫茶店で定食を食べるややこしい性格なわけです…。




朝食セット御飯少な目。

大手の牛丼チェーン店にも引けを取らないコストパフォーマンスですね。




目玉焼きに焼き鮭の朝食王道ツートップ。

御飯少な目にしたことを非常に後悔いたしました。


あっという間に平らげてごちそうさまでした。





店内禁煙のためテラス席で一服つけます。



灰皿も猫で統一されております。



















(目次)市場で朝ごはん


café&dining CAT BASE(キャットベース)
048-754-2213
埼玉県春日部市小渕243 春日部市場内
営業
定休

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でラーメン @食堂秀子(さいたま春日部市場、埼玉県春日部市小渕)

本日(20160805金)は埼玉県春日部市小渕にあるさいたま春日部市場外にお邪魔しました。




かなり大きな敷地を持つさいたま春日部市場。

http://www.fresh-market.co.jp/




仲卸!?場外!?もありますね。




場外はこじんまりとしていて地域密着型。

地元のお客さんが買い出しに来ている姿が見られます。




市場見学も終わり朝ごはんに参ります。

本日のチョイスは食堂秀子。

http://kitcat.my.coocan.jp/hidekoweb/hideko/index.html




渋い暖簾ですね。




店内こんな感じ。

テーブルに座敷。




基本調味料がたくさんあるのはいい食堂の証。

そしてスポーツ新聞と灰皿はマストアイテムである。




なぜかメニューの画像がなく、おすすめ品のみ。

詳細はHPに頼ります。

http://kitcat.my.coocan.jp/hidekoweb/hideko/menu.html

朝からなまずが食べられる店も多くないだろうと思う。


おそらく秀子さんであろうお母さんにラーメンをお願いする。

物腰が柔らかく丁寧なのが印象的でした。

古き良き日本の女性って感じがとっても素敵です。




ラーメン(450円)。

厚いチャーシューにわかめ、なると、しなちくどっさり、そして刻み葱。

かなり高コスパの一品である。




麺の湯で加減も上場、しっかり目のスープは古くから市場関係者の胃袋を満たしてきたことを感じさせる。


常連さんが一声「ラーメン」と声をかけると、「ラーメン、麺柔らかめ、味薄目」なんてお母さんが厨房に声をかけます。


嗚呼、いい食堂だな。常連になりたいな。なんて思いながら啜る市場のラーメンは極上の朝ごはんです。


ずずっと啜ってごちそうさまでした。

また来ます。



HPにもありますが、お茶はセルフサービス。

店に入ったらまずお茶を取って席に着きましょう。


こちらの店も手洗い完備。昔の人は手を汚して働いていたんだなと感心してお店を後にします。












しかし今は通販でなんでもそろいますな!


食堂秀子

048-761-1790

埼玉県春日部市小渕243

営業:7:00~14:00

定休:水、日(さいたま春日部市場に準ずる)

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

福ちゃん@東京都台東区浅草(浅草地下街)

本日は東京都台東区浅草、浅草地下街にある福ちゃんにお邪魔しました。


銀座線の浅草駅出口付近にあるお店なんですが…。




せっかくならこちらから入りましょう。


雷門から浅草寺に向かおうとして、今半本店はちょっと懐事情が…、なんて考えながらマクドナルドには酒がないなと右を見ると、こんな看板があります。


天井の低い階段を足元注意しながら降りてみます。




浅草地下街商店街。

現存する最古の地下商店街。(2014.4~)




どうですか!?この雰囲気。

昭和も戦後間もないような雰囲気じゃないですか!?

もっとも経験したことはないんですが…。




そしてこちらの地下街を代表する飲食店はこちら。




福ちゃん。

やきそばで有名なお店!?




というか昼飲みで有名なお店ですね。




お上りさんとしては焼きそばにビールでご機嫌を伺います。



銀色に輝くアルマイトが素敵。

わっしわっしと掻き込み、ビールで流し込みます。

美味い不味いで言えば不味いより何でしょうが、この雰囲気、この空気が最高のおやつ、つまみに仕立て上げてくれます。





やはりこんなお店の作法は皿を舐めたように平らげることでしょうね。

ご馳走様でした。



あまりにも素敵な雰囲気過ぎて住み込みたくなるんですが、就寝は禁止されているので諦めます。











こちらの本で紹介されていたもので、つい…。


福ちゃん
03-3844-5224
東京都台東区浅草1-1-12 浅草地下街
営業:11:30~21:00
定休:月曜

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。