愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
本庄そば@JR本庄駅1番ホーム、北口バス停

本日はJR本庄駅1番線ホーム&北口バス停にある本庄そばさんにお邪魔しました。

本庄そば
J

R東日本リテールネット






私の出身地本庄市。

小さいながらも結構元気な土地で、夏祭りは神輿を担ぎ、秋祭りは山車で練り歩くといった、年に大きいお祭りが二つもある街です。






そして昔からある立ち食いそば屋さん。

駅のホームからでも、構外からも購入出来る便利な作りの立ち食いそば屋さんです。

塾の帰りや、スイミングスクールの帰りに立ち寄って啜ったおもひでがあります。

現在北口はバス停があり、バス待ちの方々も利用しているようですね。





25年ぶりに復活した上天そばに惹かれますが、25年前も惹かれながら食べなかったような…。






確か30年ほど前はお金をいくらか足すと発泡スチロールの容器に入れてくれて持ち帰りが出来た気がします。

車内で立ち食いそばが食べられるって寸法でしたね。

電車の中で汁物を食べる時代ではないですね。






あれっ!?カウンターにネギの入ったタッパがない。

30年前は刻みネギが入ったタッパが置いてあって入れ放題だった気がしますが…。






久しぶりに対面する天玉そば。

昔からこんな感じでしたね。






柔目のそばに濃いめの出汁。

お好み焼きのようなふかふかのかき揚げも変わりませんね。

たっぷり出汁を染み込ませて、ズルズルっといただきます。

美味しい不味いで言ったら、不味いのかもしれませんが、私にとっては立ち食いそば原体験。

産湯に使った水は誰がなんと言っても美味しい水なのです。

ごちそうさまでした。






こちらのお店は株式会社東庄が運営しております。















本庄そば

JR本庄駅1番線ホーム、北口バス停付近

埼玉県本庄市銀座三丁目6-19

営業:7:00~20:00

定休:無

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場で野菜炒め、きつねうどん@さか本(浦和中央市場)
本日(20160219金)は埼玉県中央市場にあるさか本さんにお邪魔しました。



なぜかレポートするのを忘れていました。(現在20160227土)
この日も夫婦水入らずで市場で食事です。



この日も次の予定があり、さか本さんの階段を駆け上がります。



今日も日替わりにカキフライがありませんね。
今シーズンはこちらでカキフライをいただくことはできないのかしらん!?



奥さんの注文を伺いながら自分のメニューを決めます。



奥さんはきつねうどん。
汁がおいしいって、ペロッと平らげました。
相変わらずうちの奥さんはカロリーの低いものを好んで食べます。



私は野菜炒め定食。
なにせこちらは青果市場の中。野菜はふんだんにあるかな!?っと思ったら盛りはそうでもなかったですね。



いい感じの味付けがご飯を進ませて、どんぶりご飯がちょっと足りないかな!?っと思うくらいでした。
お昼時のでしたが、周りは市場の事務関係者ばかり。
事務系といえども市場関係者、「納豆オムレツはできる?」、「うどん半分付けて!」なんて自分の思うままのメニューを考案し作ってもらっていました。
次の予定もありましたので、サクッと食べてご馳走様でした。



(目次)市場で朝ごはん



さか本
048-863-6021
埼玉県さいたま市桜区桜田3丁目3-1
営業:6:00~14:00
定休:日・祝(埼玉中央市場休場日に準じる)

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場で焼肉定食、野菜ラーメン@一休(浦和卸売市場、埼玉県さいたま市桜区桜田)

本日(2016.02.26金)は浦和卸売市場に来ております。

http://urawa-ichiba.com/


出張前に家に帰ったら奥さんがいたので久しぶりに夫婦水入らずで食事です。





後述しますが、先日も浦和流通センターさか本さんで、夫婦水入らずで食事をしておりますので、今日は一休さんへ。





夫婦で来ると奥さんが何を頼むかで私の注文が変わります。






奥さんの様子を伺いながらメニューを眺めます。






奥さんが居ようが居まいがやる事はそう変わらなくて、スポーツ新聞に…、灰皿は無し…。





奥さんは野菜ラーメン。

薄味のスープは奥さんに合っていたらしく、しっかり完食しておりました。

私はパンチが足りないので酢をかけ回して食べたりします。






奥さんが麺類なので私は焼肉定食。

器がおしゃれですね。






しっかりしたお肉にちょうどいい感じの味付け。

ナポリタンかと思ったら、パスタではなく中華麺でしたね。

流石ラーメン屋さんです。

サラダもついてかなりお得な感じ。






丼ごはんに油揚げと豆腐の味噌汁。

そして漬物が2種類。

こちらも醤油をかけた方が美味しい感じの薄味。

入店時先客は2名のみだったのですが、食べている最中にカウンターは満席、テラス席までお客が座り、さらに待ちまで出来ていました。

サクッと食べて、ごちそうさまでした。



一休

048-862-4916

埼玉県さいたま市桜区桜田3-3-1

浦和卸売市場内

営業:

定休:水、日、祝(浦和卸売市場に準じる)

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でミルクコーヒー@川島屋(横浜市中央卸売市場)
本日(20160220土)は神奈川県横浜市神奈川区山内、横浜市中央卸売市場水産物関連棟にある川島屋さんにお邪魔しました。



お食事処、本マグロ、コーヒーの川島屋さん。
奥さんから電話もあったので横浜市中央卸売市場はこの店で最後にしたいと思います。
私には市場に来たからにはこれだけを抑えたいという狙いがありました。




関東風暖簾。
珈琲、定食の文字が素敵。
期待を持って暖簾を潜ります。



店内カウンターにテーブル。
市場関係者でいっぱいです。
流石お食事処、本マグロ、コーヒーの川島屋さん。
マグロ丼が充実してますね。
マグロ丼のお隣には軽食メニューがあるってのもシュールですね。



店内に張り巡らされた定食メニューの中央に、「私が主役よ!」と言わんばかりの喫茶メニュー。
市場でクリームソーダ!どんだけお洒落な市場なんでしょう。流石横浜としか言いようがないですね。



そして私の愛してやまないミルクコーヒーを発見。
早朝におお茶だけするお客が珍しいのか、ミルクコーヒーを注文する客が珍しいのか、ミルクコーヒーだけをお願いするとお姉さんはちょっとびっくりした顔をなされていました。それでも明るくオーダーを受けていただき、しばし待つ。



スポーツ新聞とミルクコーヒーとお茶でご機嫌さん。
灰皿は未確認。
漫画雑誌もたくさんありました。



カフェオレ、カフェラテに淘汰されなかったミルクコーヒーの味わいは格別です。
私にとってミルクコーヒーは嗜好品なので、飲む場所も名前も重要な要素なのです。
漫画などを読みながらゆっくりいただきました。
ごちそうさまでした。



これで今回の横浜市中央卸売市場観光はおしまい。
やっぱり市場って楽しいですね。
お買い物ができればもっと楽しいんですけど、旅先なので仕方がありません。


(目次)市場で朝ごはん


川島屋
045-441-7110
営業:5:30~14:00
定休:日、祝(横浜市中央卸売市場に準ずる)
横浜市中央卸売市場本場水産物部関連棟
神奈川県横浜市神奈川区山内町1番地


横浜市中央市場周辺もいい感じの雰囲気があります。
昼時でもぐっとくるお店がありそうですね。

ラーメンでも一杯啜って行きたい気持ちを抑えてホテルに走ります。


横浜中央市場場外の雰囲気はこちらのブログでお楽しみください。
西湖亭 @ 神奈川(京浜急行線)
from CroquettePunchの “ 呑んでたまるか!


横浜って面白いですね。
Chevy Day's
CroquettePunchの “ 呑んでたまるか!

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でトンケイ@木村屋(横浜市中央卸売市場)
本日(20160220土)は神奈川県横浜市神奈川区山内、横浜市中央卸売市場水産物関連棟にある木村屋さんにお邪魔しました。



仲卸を冷やかし関連棟に戻ってきました。
横浜市中央卸売市場には有名店があり、船盛りのカネセイさんとか、海鮮のもみじやさんとか、デカ盛りの秋葉屋さんとか、厚生食堂さんといろいろあるのですが、私の目的は木村屋さんのトンケイです。




藍色の関東風暖簾。かなり渋いですね。



店内カウンターにテーブル。
カウンターがメインですね。
先客は2人。私が入った後に市場関係者が何名も入ってきました。

メニューもいろいろあり、海鮮に洋食と食堂の基本メニューは抑えられていましたが…。
なにせ私トンケイを食べるために入ったもので写真を撮っていませんでした。

出前やお弁当も作っているらしく、電話がひっきりなしに鳴り、忙しそうでした。



早朝から市場で働く人には本当に申し訳ないんですが、ビールをお願いします。
お通しはないようですね。





そしてトンケイ。
豚肉を卵でとじてあります。名は体を表すって感じでしょうか?まさしくトン(豚)ケイ(鶏)ですね。
ご飯のほうがよかったかな!?っと言った甘辛い味付け。
見た目ボリューミーですが、トンケイの下にはたっぷりキャベツが敷いてあるのでさくっと食べられます。
豚肉とキャベツを一緒に口に入れご満悦の私。
食べ進めるうちにキャベツがしんなりしてきて食感の変化も楽しめます。

ご馳走様でした。

一息ついていると奥さんからのメール。
さあホテルに帰りますか!


(目次)市場で朝ごはん


木村家
045-441-0304
営業:5:30~14:00
定休:日、祝(横浜市中央卸売市場に準ずる)
横浜市中央卸売市場本場水産物部関連棟
神奈川県横浜市神奈川区山内町1番地

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でヤリイカ煮付け、ポテトサラダ@おてる(横浜市中央卸売市場)
本日は神奈川県横浜市神奈川区山内、横浜市中央卸売市場水産物関連棟にあるおてるさんにお邪魔しました。
横浜市中央卸売市場FB




ナダヤさんを出まして、お隣のおてるさんへ。(行動範囲狭っ!?)



気合の入った関東風暖簾に惹かれてしまったんですよね。



本日のおすすめはヤリイカ煮ってのも良いですね。



暖簾をくぐるとこんな感じ。
カウンターにテーブル。
単品メニューも充実してるってことは!



当然お酒もあります。
私が飲まないから気づかないのかもしれませんが、市場の食堂でチューハイやハイボールあるってのは珍しい気がする。
流石ハマの市場食堂って感じがします。



カウンターにはデフォルトで灰皿とスポーツ新聞。
働く男の世界はどこに行っても変わりません。




お酒を頼むと常温か熱燗か尋ねられます。
いろんな意味で申し訳ないと思いながら、熱燗をお願いします。
突き出しはイカの塩辛。



ここは横浜、ポテトサラダをお願いします。
この量で150円。



横浜に来たからにはcrazy_chevyさんに習ってソースで化粧を施します。
Chevy Day's


板場を見ると丸のイカをさばいております。
そんな光景を見ながら、のんびりゆっくり杯を重ねます。



杯を何回か重ねた頃出てくるヤリイカ煮付け。
甘辛く煮付けられたプリップリのイカがうまいですね。
イカがかぶってしまいましたが、気にせずに突きます。
何せ日本人は世界のイカの漁獲量の半分は日本人の胃に収まっている訳ですから。


全国いか加工業協同組合
マッコウクジラがイカ好きとは知りませんでした。文章によれば、ダイオウイカなんか食べてそうですね。人間にはとても食べられなそうな代物とありますが、回転寿しのラインナップを見るといずれクジラとイカを奪い合う時代が来そうですね。



やはりこちらも手洗い場がありました。
ごちそうさまでした。


(目次)市場で朝ごはん


おてる
045-453-1109
営業:4:00~13:00
定休:日、祝(横浜市中央卸売市場に準ずる)
横浜市中央卸売市場本場水産物部関連棟
神奈川県横浜市神奈川区山内町1番地


さて仲卸を冷やかしに行きます。

一般開放は9時からなんですね。
ルールは守らなければ…、っと反省する。

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でコーヒー@ナダヤ(横浜市中央卸売市場)
本日は神奈川県横浜市神奈川区山内、横浜市中央卸売市場水産物関連棟にあるナダヤさんにお邪魔しました。
横浜市中央卸売市場
横浜市経済局
所用で横浜中華街近くに家族泊まった為、当然の如くお父さんは近くの市場に出かけます。
「わざと市場の近くに宿を取ったでしょ!」という奥さんの思い過ごしはほっておくことにする。

朝の5:30。
初の横浜市中央卸売市場。
やっちゃ場に魚河岸が併設されているんですね。
いかにも本場って感じで活気があふれております。
仲卸に行くにはちょっと早いかな!?と関連棟に参ります。
しかしGoogle様は本当にすごいですね。
市場内の棟の名前も出ているので、初めて訪れた市場でも迷うことがありません。

そんな訳で関連棟に直行です。
関連棟に来るにもちょっと時間が早かったかな!?

関連棟1階は飲食街に食品関連の雑貨ですね。
小売もしてくれそうです。

とりあえず市場でも一番早くオープンする喫茶店に行きます。
下調べでは私の大好物ミルクコーヒーがあるはずなのです。

http://tabelog.com/imgview/original?id=r056822646872


店内テーブルにカウンター。
カウンター内にマスターとマミー。
先客は長靴の親方が二人。
新顔に気を止めること無くスポーツ新聞に目を通しております。

メニューを見ると!!!
下調べと異なるフォント!!コルクボードの向きも、短冊も違います。
それは置いといて、ミルクコーヒーがない!!!
カフェオレがあるのにわざわざミルクコーヒーくださいとも言えず…。

こんな感じになりました…。
それでもコーヒーにスポーツ新聞、灰皿完備で気を取り直す私。
砂糖はコーヒーと共に提供されます。

コーヒーミルの年季を見るだけで、コーヒーを美味しく感じてしまう雰囲気に左右されやすい私。
この雰囲気の中で、このコーヒーミルで挽いた豆で、このメンバーに混ざって飲むコーヒーがうまくない訳がありません。
常連の親方が店を出て行く時にマスターが「〇〇ちゃん薬飲んだの?」なんて声をかけていたのが、このお店の接待をよく表していました。
ごちそうさまでした。
嗚呼!これでミルクコーヒーだったらなぁ~。っと未練がましく思ってみる。

この手洗いがあるってのも昭和を感じさせるんですよね。
昔はみんな手を汚して働いていたんですよね。もっとも魚河岸では未だにみんな手を汚して働いてくれるから生魚が安心して食べられる訳ですが。
横浜市中央卸売市場の観光はまだまだ続きます。

(目次)市場で朝ごはん

ナダヤ
045-453-3607
営業:
定休:
横浜市中央卸売市場本場水産物部関連棟
神奈川県横浜市神奈川区山内町1番地

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場の甘平@西岩(築地場内市場)
本日(20160213土)は東京都中央区築地、築地場内市場にある西岩さんにお邪魔しました。

急いでいてもつい立ち寄ってしまう西岩さん。

今回は甘平を購入してみました。

本日の戦利品。
やよいひめはある程度粒が大きい方がジューシーさを強く感じるので美味しい気がしますね。

りんごはすでに必需品です。
りんごが赤くなると医者が青くなると言いますし、インフルエンザが流行る前に美味しいもので予防している我が家です。

そして甘平。
これはうまい!びっくりするほど皮が薄くて、腰を抜かすほど甘い!!
薄皮も本当に薄くて、種もほとんど無くて、皮をむいたらばくばくいけます。
4歳児が食べる食べる!!
日本のみかんのイメージじゃないですね。
果肉が詰まって、甘みが強くて、オレンジジュースを食べてる!?感じ。
またハマりものが増えてしまったようです…。
(目次)築地市場

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

喜楽@埼玉県東松山市岩殿
本日は埼玉県東松山市岩殿にある喜楽さんにお邪魔しました。
こちら埼玉県こども動物自然公園の前。
大東文化大学の近くといったロケーション。
ロケーションだけでもカオスな感じ。

駐車場も充実しております。ってことは、車の運転を職業にする人もターゲットってことですね。

立て看板に学生支援メニュー。がっつり炭水化物定食。

店内には運転者応援メニュー。ノンアルコールビール。

休日のお父さんはやっぱり本物ですよ!
付け出しにスナック菓子が出てくるのもいいねぇ~。

奥さんのざるうどんミニ中華丼セット。
海鮮中華丼って感じでしょうか。

子供とお父さんで学生支援メニュー。
海鮮焼きそばセット。
子供の食事にもお父さんのビールにもバッチリでした。
日曜だったためか、運転を職業とする方の割合が多かったですね。
学生は見受けられませんでした。
お仕事の方が出て行くと、近所の方々が遅めの食事に来ていました。
平日に学生に混ざって食べるのもいいんじゃないかと思う喜楽さんでした。
ごちそうさまでした。
以下メニューとなります。






喜楽
0483-34-5035
埼玉県東松山市岩殿637-5
営業:10:30~15:00、土日~20:00
定休:月

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でかけそば、ミニまぐろなかおち丼@さか本(浦和中央市場)
本日(20160216火)は埼玉県中央市場にあるさか本さんにお邪魔しました。

奥さんが体調不良の為、子供に弁当を作り、お見送りをし、どうせ仕事に遅れるなら食事をとってからとお邪魔しました。



平日の9:00の地方市場はかなりまったりとしていますね。
お店も半分くらい閉まっています。



いつものさか本さんにお邪魔します。
あっついお茶とスポーツ新聞に灰皿がお出迎えです。
「あっ、お茶いいや。ビールちょうだい。」って喉元まで出た言葉をお茶で流し込みます。



さて何にしましょうか?



一度はこちらでカキフライを食べたかったのですが、今冬はその機会に恵まれませんでしたね。
喫茶店こんとこ立て続いて牡蠣によるノロウイルスの話を聞いていますが、いろんな意味で当たり年なんですかね!?
適切な処理に調理法なら貝毒もノロも問題ないんですけどね。
貝を丸ごと味わえる牡蠣の美味しさを安心して味わいたいもんですね。



本日は時間もなかったので、かけ蕎麦に中落ち丼。
蕎麦は何の変哲もない蕎麦。毎日食べるにはちょうどいい感じでしょうか!?
中落ちも然り。甘めのタレにワサビを解いて、中落ち丼にかけ回していただきます。
ガツガツっと食べて、ごちそうさまでした。
あっついお茶でおごった口を洗い流し職場に向かいます。


(目次)市場で朝ごはん


さか本
048-863-6021
埼玉県さいたま市桜区桜田3丁目3-1
営業:6:00~14:00
定休:日・祝(埼玉中央市場休場日に準じる)

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ