愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
弥冨一八@愛知県弥富市鯏浦町南前新田
本日は愛知県弥富市鯏浦町南前新田にある弥冨一八さんにお邪魔しました。
 
一八のれん会巡礼シリーズである。
 
 
 

一八のれん会の中では比較的新しいほうだと思いますが、それでも老舗の貫録を感じさせる店構えである。
 

 

ショーケースも清潔に保たれています。
すでによい店の香りがします。
 



 

そして登録商標の暖簾。
関西風暖簾。白地に黒文字ってのがまたいい感じです。



 

店内こんな感じ。
老舗の雰囲気はありますが清潔に保たれています。
 



 

テーブルの上はこんな感じ。
灰皿もマストアイテムですが、こちらのテーブルにはありませんでした。
 



 

志の田丼に木の葉丼、中華そばまであって私の求めるものがすべてあります。



 

奥さんの鍋焼きうどん。



 

かなり美味しいと言っておりました。
太いネギが上質の材料を使用している証ですね。
 



 

そして私はきしめん。
ネギが別皿で出されるのも気が利いています。もっとも私は薬味はみんな入れるタイプなのだが…。
 


 

ピッカピカの麺。この麺は喉越し、歯触りがいい!きしめん独特のおいしさがあります。
汁も名古屋クリムゾンというには色目が薄いが、溜り醤油と節系の出汁のバランスがよくごくごく飲める汁である。
ここのきしめんも旨い!本店に似ている感じかな!?



 

そして天南丼。
大根の浅漬けが旨い。
漬物や小鉢が美味しいとその店のセンスの良さを感じますね。
 



 

さて天南丼である。
天南丼用に揚げた天ぷらですね。こちらも技が必要そうです。
天南丼にしては高級感あふれるエビ天です。
長ネギに玉ねぎってのは初めてだったろうか!?
玉ねぎが甘みがまたよく合って旨い。
ツユダクじゃないのもいいっ!どんぶりはこうでなきゃいけません。
3歳児が食べること食べること。子供は正直である。


 

暖簾を撮らせてもらいお会計。
いろいろお話をしたかったのですが、客足が途絶えない人気店なので断念。
再訪しなければと心に強く誓う。
 
 


 

駐車場完備の弥冨一八さんでした。



 
弥冨一八 
0567-65-2491
愛知県弥富市鯏浦町南前新田35-3
営業時間11:00~14:30、17:00~21:00
定休日:水曜、第三火曜
備考:創業昭和50年


スポンサーサイト
弥冨一八のれん
 
 

 


 

 
左から
沙織
円上
山王
神守
弥冨
カニエ駅前
江南
桑名
昭和橋
守山
朝倉
氷室
味美
大垣
黒川
鍋田
登録商標
上野
堀田
松下
道徳
春日井
カニエ本町
柳橋
大須
代官
亀城
正木
本店



弥冨一八メニュー











麺処一八(中京競馬場内)メニュー



麺処一八@愛知県豊明市間米町敷田(中京競馬場内)
本日(20141221日)は愛知県豊明市間米町敷田にある中京競馬場に遊びに来ました。
 
 
 

ギャンブルはほとんどしない私ですが、付近の立ち飲みなんかは大好きなので誘われれば行きます。



 

入場する前、突然おじさんに声をかけられ入場券をもらってしまう私。
「万馬券が当たるようにね!」なんて声をかけあってお別れする。
本日は本年度の最終日だったらしく、株主の方はあまった入場券をいろんな人に配っていたようですね。同じ日に来た友人ももらったと言っていました。



 

ウルフィーがお出迎えしてくれました。
 



 

一応パドックなんかみて、単勝でちょこちょこ遊ぶことにします。
 



 

当たりますように!
 



 

さて今回の本来の目的はこちら。
中京競馬場にはかなり大規模なフードコートがあります。
 
馬カツってのもべたですが、気になるところです。 



 

そしてこちら目的の一八さん。
一八のれん会巡礼である。
 
正木一八より出張とのことです。(参照 Nomad)(注:コメントをいただき訂正)
注:確認後再訂正いたします。201412


 

メニューはこんな感じ。
当然と言っちゃ当然ですが、メニューは絞られています。
 
 
 


 

寒いせいもあるのでしょうが、ワンカップが並べられているってのが賭場っぽくていいですね。
 
 



 

アクリルで区切られているテーブルでいただきます。
 



 

本日はきしめんでお願いした。
 



 

まず汁!これはまさしく名古屋クリムゾンである。
一口すすってみると醤油が結構立っているのだが、旨い!働く男の味って感じである。
きしめんといえば新幹線のホームが有名だが、同じ立ち食いで言ったらこちらのほうが断然うまい。
溜り醤油にムロアジの伝統的なものに慣れてしまったせいもあるかもしれませんが、この色味でこの味がきしめんらしく感じてしまいます。
具は油揚げにホウレンソウ、かまぼこに花かつおさらに天かすが入っているのでコクが出てうまい。青物が入っているのがまた素晴らしい。
麺は製麺系である。きしめんにしてはちょっと厚いかな!?
それにしても大満足な一品でした。




ちなみに、きしめんは奥さんにおごってもらいました。
私は…、ほら、あれですよ!ボランティア精神が強いので…、世のため人のために車いすでも買ってください…。

 
(加筆修正)
こちらの一八さんは土日のみ正木一八さんが出展している様子。
桑名一八さんでのれん分けの話をしていた時そんな話を聞いた(うろ覚えですが…)
そこにNomadzunoさんからのコメントをいただき、はっきりしました。
正木一八さん訪問の際に再確認します。
 

麺処一八
052-623-2001
愛知県豊明市間米町敷田1225 中京競馬場内ペガサス1Fフードコート
9:00~17:00
営業日:中京競馬場開場日、券売日
のれんなし、メニュー
市場で湯豆腐3@食堂かつや(柳橋中央市場、愛知県名古屋市中村区名駅)
本日(201430火)も柳橋中央市場に来ております。
 
埼玉県出身の私はたいがいこの時期実家に帰っていたか、雪山に篭っていたので、年末の柳橋って初めてなんですよね。


 

朝6時過ぎからこんな人が出ているとは正直思いませんでした。
右大臣さんは行列、鮮魚、特にかに関係が正月プライスだったので、牡蠣と数の子を申し訳程度購入し早々に朝酒に参ります。




そーごちゃんも忙しそうでした。
それでもポーズをとってくれるそーごちゃん。
 
そーごちゃん備考




いつもの魚源さんに向かうと…、閉まってる…。




かつやさんは開いておりました。
ちょっと覗くと行列ができておりましたが、ちょうど入れ替わりだったのですんなり席に着きます。




年末メニューで串カツはないそうです。




天種はそこそこありました。
それでもほとんどの人がカキフライを注文されておりました。
やはりカキフライの魅力ってすごいですよね。




そして私は湯豆腐に熱燗。




本日は卵を落としてもらいました。
これがまたうまい!家でもやろうかしらん!?




天ぷらもちょっと揚げてもらう。
左からアナゴ、アカシャ、牡蠣にマゴチ。
 
いやぁ~、みんな忙しそうですね。




実は名古屋は昨日雨が降って、柳橋中央市場も客足が鈍かったらしいです(私もその一人です…)。
明日どうなるかわからないので今日売り切らなきゃなんてお話を聞きながら年末の柳橋を後にします。













食堂かつや
名古屋市中村区名駅四丁目14番
柳橋食品ビル1F
052-571-6127
http://yanagibasi-food-bill.la.coocan.jp/floor_guide/floorguide.html
営業時間
AM5:00~AM10:30くらいまで
定休日
柳橋中央市場に準ずる
日曜、祝日

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でハムエッグ@喫茶グリーン(愛知県西春日井郡豊山町、名古屋市北部市場内)
本日(20141229月)は名古屋市北部市場にお邪魔しました。

http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/19-18-9-0-0-0-0-0-0-0.html

名古屋市には中央卸売市場が3つあり、本場(熱田区)、北部市場(豊山町)、南部市場(港区)と分かれており、鮮魚は本場にあり、北部市場は青果、南部は食肉と分かれています。
ただ北部もメインが青果ってだけで、鮮魚も扱っています。

 

鮮魚の仲卸がにぎわっていますね。
実は私歳の瀬の市場に来たのは初めてでびっくりしました。
お値段も正月プライスだったので、早々に関連商品棟に飛び込みます。



関連商品棟はいつも変わらない雰囲気。
グリーンさんのミニーちゃんに朝定食がありません。



席に着くと水とおしぼりとゆで卵が出てくるグリーンさん。
本日はフロントのお姉さんが違いますね。
やっぱりこちらも年末商戦で忙しそうですね。



朝定食はシャケだったので、ハムエッグでお願いしました。
ご飯は少な目でお願いしています。

 

小鉢はがんもどき。上品な味付けで美味しい。



そしてハムエッグ。
かなり特徴的なスパイスが振り掛けてありました。



とろーり半熟の魔力から逃げられる人はそういないと思う。
 
そしてこの日は場内がかなり騒がしくなりました。
「正門で事故!?トラックが横転してる!?」
「あそこは誰も止まらねぇんだ。俺は○○さんの前でもスピード落とすようにしてんだよ!」
「何!?全然動かないの!?」
「なんかあっちでトラックが転がってんだけど…」
場内放送でも事故があったことを告げておりました。



皆さんも歳の瀬、お忙しいとは思いますが、安全にお過ごしください。
 
訪問履歴


喫茶グリーン
052-903-5360
愛知県西春日井郡豊山町大字豊場字八反107番地(名古屋市北部市場 関連商品棟2F)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



 




テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でナメタカレイ煮付&アジ酢@かとう(築地場内市場)
本日(2014.12.26金)は東京都中央区築地魚河岸横丁(築地市場8号館)にあるかとうさんにお邪魔しました。
 
 

 

朝5時前、暖簾が上がっていたので伺うと「ごめんなさい。開店まだなんです。」といわれてしまった。
開店時間は5:30ということでした。
 


 

とりあえず本日のお勧めをパチリと撮って愛養さんに向かったのが前レポートである。
 



 

5:30に伺うと看板がついていますね。
これが開店の証なんでしょうね。
 



 

店内の一品料理を眺めながら熱燗を注文。



 

アジ酢とナメタカレイをお願いする。
 
 
 



ちょっと時間がかかるってことで、週刊新潮を出された。
スポーツ新聞はよくあるが、週刊誌を出されたのは初めてだ。
これは時間がかかるって暗示なのかしらん!?
 

 
 
 

熱燗をちびりちびりやりながら週刊誌をめくります。
本日の小鉢はひじきです。
 




程なくしてアジ酢が提供されました。
前回訪問の際、次回は必ず注文しようと心に誓っていたのですが…。
アジはどうやら旬よりも天候が問題らしく、本日は先日ほどではなかった…。
こればっかりは仕方がないですね。
レベルが高いのは間違いないのですが…。
まあ限界効用ってこともあるんでしょうしね。
 
 



 

そしてメインは”豆腐”である。
ナメタカレイのプルプルのゼラチン質はもちろんうまいのだが、魚のうまみをすった豆腐って旨い!
豆腐だけお代わり!ご飯に乗せて!!って言いたい気持ちを抑えるのに必死でした。
 
次の予定があったのでさっと食べて立ち上がると、「ごめんなさい。間に合わなかった?お茶はいいですか?」っと声をかけてくれる。
客の食事のペースを見ながらお茶を出すタイミングを計っているんですね。
料理もそうですが、接客も大満足なお店です。



 

いまいち人手の少ない築地市場を後に、富士額のねずみに会いに行きます。



(目次)築地市場


かとう
03-3547-6703
東京都中央区築地5-2-1 (築地市場8号館)
営業時間:04:30~13:30
休業日:日曜・祝日・休市日・市場に準ずる 


 
市場でゆで卵@愛養(築地場内市場)
本日(2014.12.26金)は築地場内市場にある愛養さんにお邪魔しました。




とりあえず築地場内市場といえば拾得物掲示板。こちらは外せません。
やはり年末は忙しいようで落とし物も多いですね。
スイカ(カード)は築地ならではですね。夏場はスイカ(野菜)ってのがあるのかしらん!?




かとうさん狙いで行ったんですが、5時半からと言うことで、とりあえずコーヒーを飲みに来ました。






相変わらずダンディーな男性が二人カウンターにいらっしゃいます。
市場の喫茶店と言えば私的にはミルクコーヒーです。
「砂糖は入れますか?」と聞かれてしまったので、砂糖入りでお願いしました。






ミルクコーヒーにスポーツ新聞。市場でコーヒー飲んでるって気になります。
ふとカウンターを見るとゆで卵を食べている方がいらっしゃいます。お願いしなければ!っと注文しました。
「茹で加減はどうされますか?」っと聞かれましたので、半熟でお願いしました。






そしてこれがゆで卵。
エッグスタンドって何年ぶりに見るだろう!?
幼い頃母がエッグスタンドに立ててゆで卵を出してくれたことがあるのは覚えている。
少なくとも35年は前の話である…
久しぶりのエッグスタンドと格闘。塩を振ったり、醤油を垂らしたりして、なんとか形にはなったと思う。
何せよ作法が大事である。
習得するには回数を重ねなければ…






この日は寿司大ラインが短かったです。
5時過ぎで2軍までしかいないって感じでした。
並びたかったのですが次に予定があったので泣きながら帰りました。



(目次)築地市場


珈琲店愛養
03-3541-2140
東京都中央区築地5-2-1(築地市場6号館)
営業時間:03:30~12:30
休業日:日曜・祝日・休市日・市場に準ずる


市場でトースト@IMARI
本日は柳橋中央市場訪問最終日!?
 
IMARIさんにお邪魔しました。
 

 

柳橋中央市場はそう観光客が多いって訳ではありませんが、その中でもこちらはバリバリの市場関係者だけのお店です。
長靴じゃないと入り辛い感じですね。
 



 

メニューはどこにもありません。
本日は意を決してお母さんに尋ねてみました。
「珈琲、紅茶、カフェオレ」が基本メニューだそうです。
ミルク珈琲って名前じゃないのが寂しいですが、本日は「カフェオレにパンつけてください。」っとお願いしたところ、「別料金になりますけど。」っと言われてしまいました。
愛知県の喫茶店は朝珈琲を頼むと必ずパンがついてきます。パンを頼めば別料金が発生するってのは当たり前のことなんですが、10年も愛知県に住んでいると結構びっくりしました。



 

そして朝食全容。
トーストにロールパンってのも珍しい組み合わせのような気がします。



 

ミルク珈琲ではなくカフェオレ。
甘くないカフェオレですね。



 

トーストにロールパン。
ロールハパンにもバターが塗ってあります。
 



 

こちらのお店ニルバーナーのポスターが張ってあったり、ピエロにクリスマスツリーがあったり大相撲のカレンダーがあったり、不思議な感じのインテリアです。
 



 

魁皇の手形が見たくてこの席を陣取りました。
ちなみに私同い年です。
 
現浅香山親方です。まだ関取がいない小さな部屋ですが、応援しております。



(目次)柳橋中央市場


IMARI
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目15−26
 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。