愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
サラダ用粉末調味料
本日のつまみはサラダである。
まあネタ切れなので…。
 
最近とある筋の方々の話題に「めしばな刑事タチバナ」の話題がよく上がる。
私は漫画は好きなのだが、ここ数年経済的理由と書庫の狭さに圧迫されあまり読まないようにしている。っが、現代の技術は素晴らしく、タブレットに吸い上げれば書棚はいらず、ダウンロードすれば価格も安くなるということを今更ながら気づき現在はまり中である。
 
試しにめしばな刑事のうどんの巻を購入したら「うどんの腰に飽きちゃった。」などと激しく同感するようなことが書いてあり、つい全巻クリックする羽目になった。
 
読み進めると同感できることが多々ある。その一つが中年男性のサラダ事情である。私も野菜をとらなければいけないなぁと思いながらサラダを別注するときはない。市場ではサラダを食べるが、市場のサラダと言えばポテトサラダもしくはマカロニサラダである。つまり葉物のいわゆるサラダを食べる事はほぼない。っが、揚げ物の下に申し訳なさそうに佇むキャベツなんかは意外と好きで、トンカツ屋さんのキャベツおかわり自由などは素晴らしいシステムだと思っている。目玉焼きの下に敷かれたキャベツや、カレーに盛られたキャベツは大好物である。さらに言うとレタスは鍋に入れるのが好きである。レタスチャーハンも捨てがたい…
言うまでもなく漬物は大好物である。最も漬物は栄養学上言えば野菜ではないらしいが…
こう書いてみると意外と私は野菜を食べているんだなぁ~!?なんて勝手に思ってしまったりする。

しかしサラダを食べているイメージがない、青々しい野菜にドレッシングをかけバリバリ食べているというイメージが全くないのだ。だいたい大の男が、「今日のドレッシングは何にする」なんて考えるのはいかがなものかと思ってしまう世代なので余計にサラダを食べる探究心がないのかもしれない…
タチバナ刑事も同様に考えているようで、人目を忍んで同年輩の同僚にサラダ用スパイスを薦めていた。
 
食べ物について余計な知識を手に入れるとつい試したくなる。
 
そんな訳で購入しました。
「サラダ用粉末調味料」
 
 
 

まあかなり流行っているんですね。
とりあえず有名どころのトスサラがイオンにあったので購入。
 
100均でサラダ用スパイスを購入。
 
 
 

 

試食してみると、比べてはいけないと気付く。
 
まず値段が違いすぎるので比較対象にならない。さらにサラダ用スパイスとサラダ用スパイス+トッピングなので同じ系列ではあるが、同じ土俵にはあげられないことに気付く。
 
サラダ用スパイスはまあクレイジーソルト系列でそう驚きはなかった。サラダに塩を振って食べる延長上である。っが、トスサラはかなりの衝撃を受けた。
まずドレッシングのイメージがないのである。酢の酸味がないのだ!そして味がジャンクな感じなのである。葉物野菜がまるでポテトチップスを食べているような錯覚に陥る。さらにそのジャンクなイメージを増加させるアーモンドスライスにクルトンの食感。これは今までのイメージの健康食品のようなサラダではなくなってしまった。DVDを見ながら口寂しさを紛らわすために食べてもよい感じである。カウチポテト(また古い言葉を使ってしまった…)ならぬカウチサラダである。
ドレッシングの基本は酢、油、塩かと思われるが、その概念を払拭したサラダ用粉末調味料。女性よりも酸味に弱い中年男性向けかもしれない。
ちなみに20141030現在、売れすぎて一時販売中止らしい。



 

はまってしまったのでつい購入。
やっぱりお値段は高くなりますがトッピングがあった方が好みである。ポテトチップスを砕いて振りかけたりしたくなりました。そんな事を自分でいろいろ試しても面白いかもしれない。
 
これからが楽しみなサラダ用粉末調味料でした。
 
スポンサーサイト
ハーブス栄本店@名古屋市中区錦
本日は名古屋市中区錦にあるハーブス栄本店にお邪魔しました。
 
 
 
 

ハーブスも名古屋では知らない方はいらっしゃらないんじゃないかと思われる超有名喫茶店である。
 
 



 

8号(24cm)のサイズのケーキしか置いていないってのが女性の心をくすぐるのかもしれません。
店のコンセプトに
「「1個食べて、心まで満足できるケーキとはどんなものか」。 この問いかけがハーブスのケーキの出発点です。」
ってのがあるのはうなずけます。
 



 

店内こんな感じ。
清潔でおしゃれな空間が広がります。



 

テーブルはこんな感じになります。
 



 

そしてハーブスと言ったらケーキ。
 
 



 

軽食メニューがあったとは知りませんでした。
 



 

ドリンクメニュー。
 
 



 

珈琲、紅茶はお代わり自由です。
 



 

そしてこれがハーブスの代名詞ともいえるミルクレープ。
8号のケーキを食べる経験ってそうないですよね。
この大きさを皆さんぺろっと平らげます。
つまりペロッと食べられるくらいすっきりした味わいなのである。
 
生クリームにカスタード、そしてフレッシュフルーツ。
形を保持するためにあるかのようなクレープ生地。
私は甘いものは甘いほうが好きなタイプであるが、ここのケーキがさっぱりと甘いのぎりぎりの線である。
 
 




珈琲は懐かしい感じのもの。
 
 



 

ついテイクアウトもしてしまうくらい美味しいケーキ。
心まで満足させていただきました。



ハーブス栄本店
052-962-9810
愛知県名古屋市中区錦3-6-17 セントラルパークビル2F
11:00~22:00

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

カフェタナカ本店@名古屋市北区上飯田西町
本日は名古屋市北区上飯田西町にあるカフェタナカ本店にお邪魔しました。
本店巡礼である。
 
 
 
 
 

創業1963年の老舗喫茶店でありながら、モダンな雰囲気を持っているカフェである。
 


 

テイクアウトも充実しているというよりは、パティシエもいるのでケーキ屋さんを併設しているって感じでしょうか!?
 



 

店内は落ち着いた雰囲気。
ピアノの生演奏があったりする。
支店にもピアノの生演奏があったりするので、お店のこだわりかもしれない。
客層も年配の方から子供まで幅広く、落ち着いた雰囲気ながら、子連れでも気後れしないほのぼのした雰囲気もある。
 




メニューはそう多い訳ではないのですが、名古屋の純系喫茶店メニューに、今どきのメニューを網羅している。
 
 



 

ケーキはショーケースのものを選べば持ってきてくれます。
 
 



 

とりあえずフランスのビール。
 



 

そしてイタリアン。
名古屋の老舗喫茶店では鉄板に溶き卵を流し、その上にナポリタンを載せて提供する店が多い。
いわゆる名古屋メシである。
塩コショウに岩塩、タバスコが出てくるってのも老舗喫茶店の証拠である。
鉄板焼きナポリタンをイタリアンというのも「鉄板の板がついたスパゲッティー、略してイタスパから、イタリアンになったそうだ。
ウキペディア。
 
フランスのビールを飲みながらイタリアンという鉄板焼きナポリタンを食す。
嗚呼!もう何がなんだか!?
 
台湾にはない台湾ラーメンで有名な味仙では辛さ控え目をアメリカン、極辛をイタリアンと言ったり…。
名古屋はいろんな文化があります。
 



 

ケチャップがフルーティーで酸味がマイルドで旨い!
私はあまりナポリタンが得意ではないのであるが、これは特別である。
 
そして、私の目の前に座った年配の男性がやはりイタリアンを注文していたのであるが、その年季の入った食いっぷりが私の目を離さなかった。
「まず中央に盛られたナポリタンを鉄板の上にまんべんなく広げ、鉄板の端からフォークを入れ卵をかえすように、卵を鉄板から剥がしスパゲッティーを絡め、円を描くように食べるのである。スパゲティーを広げるときはフォークを握りこぶしでもち、フォークに卵とスパゲティーを絡めるときは普通に持つ」
この場合フォークではなく突き匙と呼びたくなる年季の入った食べ方であった。
是非名古屋純系の喫茶店で、「イタリアンちょ~(鉄板焼きナポリタンください)」っと注文し、この食べ方で食べようと心に誓ってしまいました。
こんな風景が見られるのも世代を超えて愛されているお店の証拠である。
 


 

ランチについてくるミネストローネ。
 



 

生ハムとアボカドのサラダガレット。
突然時代が現代に戻る。
やはり私は卵が入っている奴のほうが好みかな!?
 



 

デザートはプレートで提供されます。
紅茶が鉄瓶に入ってくるってのもおしゃれである。
 




珈琲は懐かしい感じの珈琲。
 



 

つい季節のデザートを追加してしまいました。
 



 

現代、過去と喫茶店のいいところをすべて残したかのようなカフェタナカさんでした。
 
 


カフェタナカ 本店
052-912-6664
愛知県名古屋市北区上飯田西町2-11-2
9:30~18:40



テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

天つま@名古屋駅5,6番ホームいこい
名古屋めしの一つにきしめんがあるのは周知の事実だと思う!?
 
そして何故だか「名古屋駅の新幹線のホームのきしめんが一番うまい!」ってのが定説になっている。
埼玉県も群馬よりの出身の私も多分に漏れずそう思っていた。
 
っが、老舗や手打ちの本物のきしめん!?の洗礼を受けたりすると、10年愛知に住んで、やっと観光客ではなく地元の人間になったんだなと思わないでもない。
 
ちなみにきしめんを食べる名古屋の人も少なくなってきているのは事実である。正直きしめんを好んで食べるの方は珍しいんじゃないかと思う。
今の時代きしめんより讃岐うどん、ラーメンを食べる人の方が多いのは他の県と変わりはない。
 
まあそれでも、立ち食いってのも駅のホームってのも調味料の一つで、やっぱり旅先の駅のホームや通勤途中の駅のホームでそばをすするってのは一味違う気がする。さらにそれが名物ってんだから、まずい訳がない。
さらに名駅のガリバー住よしさんにはきしめんとそばしかなく、うどんという選択肢はないので余計にである。
 
最近天玉そばがなんたる物かなんて考え始めたら、もうクセになってしまっている。
コクと旨味の秘密 (著)伏木 亨なんか読んだ日には、やっぱり市場の帰り道は立ち食いそば(きしめん)で一杯引っ掛けてしまう。
ちなみに出典はこちらである。
紹介してくれたのは「春は築地で朝ごはん」のつきじろうさんである。
 
 
さらに住よしさんには天つという、かきあげを皿に盛り、ネギを載せうどん汁をたっぷりかけてくれる凶悪なつまみがあったりする。
これに卵をトッピングすれば、完璧に近いおつまみの出来上がりなのである。
 
そんな天つまをことのほか気に入ってしまい、今ではきしめんよりも天つまを紹介するレポートばかりが目立つようになってきた。
 
そんな中ブロ友の満腹備忘録のたけめんさんにこちらのシリーズを「名駅天つま紀行」と名付けていただき、さらに「名古屋天つま紀行に改名したらもっといろいろレポートの幅が増えるんでしょうか?」なんて提案頂いたりすると、「はい、是非それで!」っと答えたくなる。
 
なにせ名駅ホームきしめんの旅は住よしさんしか残っていなく、さらに新幹線のホームには天つまはなさそうなのである。
既に立ち食いのきしめんに泣きが入っているし、天つま+玉子の凶悪な取り合わせは私の心を掴んで離さない。これはこれで楽しい食べ歩きのレポートになると思うのだが…。
こちらのブログは市場&市場の食事を忘れないようにメモしておこうってのが事の発端で、市場めしに似た雰囲気を持つノスタルジック食堂も好きになってレポートするようになり、立ち飲みってのもレポートしておこうになり、毎日更新するためには旅先のレポートは欠かせなくなり…。
っと、既にキャパシティーオーバーなのである。
 
そこに愛知県内の立ち食いそばが入ってしまうと…。
私はそう出張の多い仕事ではないし、鉄が入ってないので飲む時以外は車で移動することが多いしなぁ~っと、悩んでいる最中です。
 
そんな訳でとりあえず、天つまを、名古屋駅ホームで食べ歩いている。(行動範囲せまっ!?)
 
前レポートの完全なコピペである。
 
 
ジャパントラベルサービス
住よし、麺亭憩
 
 
 

常に客足の途絶えない人気店である。
 



 

車窓からではなく、店窓から岐阜行の電車をパチリ。
 
 



 

おつまみにカキフライがあったんですね。
まだ朝早いせいかおつまみは出していませんでした。
 



 

いこいの看板だが、どんぶりも制服も住よし。
 
 



 

そして私の天つまになるかき揚げが出番を待っている姿。
 
天つまと清酒の食券を購入しカウンターに並べる。
「熱燗にしてください。あと卵を天つまに落としてください。」
「卵ですか!?生卵ですがよろしいですか?」
「それでお願いします。」
ちょっと驚いた感じのお姉さんでしたが、狙い通りのものを出してもらえそうである。
 



 

そしてこちらが朝酒全容。
 



 

黄身は自分で崩したかったなぁ~、なんて思いながらも、白身のとろとろ加減を見ると、これはこれでありだななんて一人ほくそ笑む。
 



 

ネギを退けるとエビが三つ並んでいます。
住よしのかき揚げはこのスタイルですね。
汁を吸わせるにはちょっとカリッとし過ぎかな!?まあそんな感想はすべて卵の優しさが包み隠してしまうんですけどね!
 
 



 

車窓からではなく、店窓から岐阜行の電車をパチリ。
名古屋駅5、6番ホームは東海道線の下りがメインのホームである。

 

052-571-9697
JR名古屋駅 5.6番線ホーム
7:00~20:00

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場でクリームコロッケ2@食堂かつや(柳橋中央市場、愛知県名古屋市中村区名駅)

本日(2014.10.25)も柳橋中央市場に来ております。



 


う~む、なんか人が少ない気がする…。


 

そして食堂かつやさんに流れ混みます。


 

本日はショーケースの前を陣取ります。


 

まだカキフライは出てきませんね。
何せまだ伊勢志摩の牡蠣は小さいので牡蠣が出てくるのはまだ時間がかかりそうですね。
 
並べられた天ぷら、フライの種を見るとアカシャエビのクリームコロッケがありました。
これはこれで嬉しい♪




左からコロッケ、イカ、ホタテ。ビジュアルは変わらないですね。
朝からフライをビールで胃に流し込む幸せ。




そしてお家でミックスフライを作ってしまいました。
牡蠣はまだまだ小ぶりですが風味は強くなってきました。
日々育っていく牡蠣を見守るってのも楽しいですね。















食堂かつや
名古屋市中村区名駅四丁目14番
柳橋食品ビル1F
052-571-6127
http://yanagibasi-food-bill.la.coocan.jp/floor_guide/floorguide.html
営業時間
AM5:00~AM10:30くらいまで
定休日
柳橋中央市場に準ずる
日曜、祝日 

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場で戻り鰹@魚源食堂(柳橋中央市場、愛知県名古屋市中村区名駅)
本日も柳橋中央市場に来ております。
 
あまり人が出てないですね。
台風の影響で魚も出てないんですがね。
それでもこれからが魚のうまくなる時期。
足繁く市場に通いましょう。

 

一通りのお買い物を済ませたら、いつもの食堂魚源さん。
 


本日の朝酒全容。



箸休めにきゅうり。
紫蘇が結構効きます。
塩加減もよくいい箸休めになりました。
 


蝦蛄。
ちっちゃいですが、味は濃厚。
 


そしてメインは戻り鰹にヒラメ。
ヒラメはそろそろ本気を出し始めますかね。
鰹は宮城産の脂ノリノリでした。
ビジュアルがもう旨そうですね。
私の好みは初鰹かな!?油よりも香りが気になるお年頃なもので…。



(目次)柳橋中央市場


(目次)市場で朝ごはん


食堂魚源

名古屋市中村区名駅四丁目15番15号 名古屋綜合市場ビル内

http://sougou-shijou.co.jp/

052-541-5415

6:00~10:00

営業日:名古屋総合市場に準ずる。

12月31日は休業

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

満月園@名古屋市北区丸新町
本日は名古屋市北区丸新町にある満月園さんにお邪魔しました。
 
 
 

工場地帯にぽつんとある食堂って感じである。
 



 

関東風暖簾。
 




 

店内テーブルのみ。
 



 

暖かいお茶に灰皿がまたいい感じである。
 



 

木の葉丼と志の田丼があるのでノスタルジック食堂決定だ!
 



 

定食類も充実しております。
 



 

そして木の葉丼。
おっと久しぶりに卵とじである。関東風の暖簾に関西風の木の葉丼!!
 
 



 

なますに漬物、そして赤だし。
具は玉ねぎ、かまぼこ、しいたけ、長ネギ。
味付けがちょうどいい、優しい感じである。
 



 

そして中華そば。
 



 

中華スープになっているが、ベースはカツオだしかな!?
チャーシュー、わかめ、しなちく、もやし、かまぼこ、刻みネギが入っている。
麺は既製品のそれだが、ゆで方は悪くない。
スープの味はかなり優しい感じである。
 



 

しかしにしても存在感のあるチャーシューである。
これで400円は驚きではないだろうか!?
 
 



 

本日のランチはカツカレー。
常連さんは注文しなくてもランチが出てくる、地元密着型のお店です。
 
一見さんに「ごめんなさいね。ありがとうございます。」なんて声をかけてくれる。丁寧なお店でした。
 


満月園
052-901-8588
名古屋市北区丸新町332
11:00~14:00 17:00~20:30

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

パクチーラーメン@Ngon lam
さて本日もネタがないのでラーメンである。
 
 
 

100均で購入したパクチーラーメン。
ネット検索したらカルディで大量販売していたらしく88円で販売していたそうである…。
 
輸入元はこちら
 



 

裏面こんな感じ。
 



 

電子レンジで作れるんですね。
 



 

中身こんな感じ。
 



 

麺はアジア圏のインスタントラーメンそのものである。
スープは本場っぽくて悪くない。ちょっとした酸味がまたうまい。
パクチーはパクチー好きにはちょっと物足りないかな!?フリーズドライのパクチーの質がいまいち。茎の部分が多くて、なんか芝生食ってるみたいだ…。
もう一回買うかと言われたら!?スープだけほしい!って感じである。

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

とんこつラーメン@鳥志
本日のつまみは鳥志のとんこつラーメン。
 
 
 
 
 

愛知県ではあまりみないラーメンだが、調べるとかなり有名な九州のラーメンだ。
 
 


 

福岡県で作っているんですね。



 

麺を割ってゆでるってのも面白いシステムですね。
 



 

これはスープが旨い!
店で出しても不思議はないくらいの味だ。
調子に乗ってゴマやらニンニクを入れて台無しにしてしまった。
やはりインスタントはそのまま味合うのがよいようだ。
麺は私一押しのアベックラーメンにはかなわないかな!?
 
それにしても九州のインスタントラーメンはレベルが高いと思う。

テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

朝日屋@名古屋市北区清水
本日は名古屋市北区清水にある朝日屋さんにお邪魔しました。
 
 
 
 

石挽蕎麦が看板メニューであるが、味噌煮込みうどんも出しているようだ。
 
 



 

ショーケースは懐かしい感じがしますね。
ここも蕎麦はひとつしかありませんでした。
 

 

 

店内こんな感じ。テーブル席に座敷もありました。
 
 
 
 


暖かいお茶がデフォルトってのもノスタルジック食堂っぽいですね。
調味料が醤油にソースってのも、灰皿があるってのも蕎麦屋っぽくないですね。
 
 
 
 
 
 

さてメニューをと思ったら居酒屋メニューが並んでおりました。
お蕎麦屋さんではなくめん処なんですね。
 



 

定食、どんぶりものが充実しております。
 



 

そして御前!?
そしてそしてその下にはお寿司の文字が!!
 



 

目隠しをはがしてみると以前は麺類に寿司がセットにできたんですね。
マグロを押しているようですね。
 
実は私しばらく家を空けており、定食が食べたくてこちらに伺いました。
私の場合しばらく非日常生活を送っていて食べたくなるものってのは、刺身や寿司、旨い蕎麦なんかではなく、どこにでもある麺類食堂の定食なんですね。
腰がないうどんに真っ黒けの出汁、小鉢にお新香、炊き立てご飯がついて、生卵なんかついちゃったら最高!!って感じの定食が食べたくなるんですよね。
疲れて帰ってきたときに、並んでまで食事って訳にもいきませんし、あまり値段が張ると構えてかえって疲れてしまいますし…、おふくろの味って訳でもないんですが、構えずふらっとお店に入って、何も考えず「あったかいうどん、定食で!」ってお願いして、旨ければ言うことはないが、真面目な味なら満足なんですよね。
疲れているときに暖かいってのは温度のご馳走だし、ちょっと濃い目の割り下に出汁の香りがすれば、心も体も安らぎます。
出汁の香りのパワーは「春は築地で朝ごはん」のつきじろうさんにおねがいするとして。
そしてこの濃い目の汁には腰のないっていうと語弊があるので、優しい柔らかい麺が合うと思う。なにせ私埼玉県出身で給食のソフト麺や山田うどんで育ったので、「ああ、これでいいんだ。」なんて感じてしまう。
そして暖かいご飯は、はっきり言っておかずなんかどうでもよくなったりするもので、漬物がちょっとあれば十分なのだが、さらに小鉢があれば十二分なのである。
蕎麦やうどんの専門店は素晴らしいものがあるのだが、特にこれが食べたいってものがないときは、なんでもない街の麺類食堂が本領発揮する。
グルメ雑誌なんかでは酷評されてしまうことが多い麺類食堂であるが、客が求めるものを出すってのが客商売の基本であるので、うどんに蕎麦、愛知県ならきしめん、味噌煮込みうどんまで出てきて、天ぷらはもちろんのこと、フライにから揚げ、やっぱりご飯もほしいってことで丼ものも充実していたりして!つまりは昔のファミレスなのである。値段と味と接客を考えればかなりレベルの高いファミレスだと思う。
物を考えずに食べるっていえば、牛丼もサイズが2種類で味噌汁と卵とお新香しかなかった時代が一番好きでした。何も考えず入って、大きさだけ指定して、さて今日は疲れてるから卵でもつけるかな!?くらい考えれば済んだ時代が懐かしい。ラーメンも昔は考えずに食べられたなぁ~、なんてしみじみ思い出してしまう。
今や何も考えずに牛丼屋に入るとメニューが多く、組み合わせは自由自在!!はっきり言ってパニックに陥る時がある。
なにも考えずふらっと入って「日替わり!」もしくは「うどん定食で!」って言いたい日もあるのである。
 
そんな訳で本日は何も考えず定食をお願いする。
普段はうどんなのだが、今回は店の看板を立てて蕎麦定食にした。
 
 
 




そしてこちらが蕎麦定食。
流石寿司も提供していたお店である。刺身がついてきた。
結構驚きである。
 
 
 
 
 
 

意外と言っちゃ失礼だがに旨いマグロ。
正直この雰囲気の店で出てくるマグロのレベルははるかに超えている。
 



 

マカロニサラダは定食のマストアイテムである。
 



 

そして蕎麦。
濃い目の割り下に出汁。蕎麦は店で打っているようである。
ちょいと短めで柔らかめであるが、これはこれで悪くない。
うどんでなくても、安心できる蕎麦ってのもある。




ちょっとしたことだが、技のしてあるかまぼこがまたいい。
この値段でこのクオリティーの蕎麦を悪く言うってのは…、どうなんでしょう!?
 
生卵でも追加してたまごかけごはんにしてかきこもうかと考えているうちにご飯が終わってしまいました。
 
お勘定をすると、おつりを受け取る手の下に手を添えてくれるホスピタルティー。
この店はこれでいいのだ!
近所の人の自転車が並ぶお店、これでいいのだ!
近所にあると嬉しい真面目な店でした。
 
刺身がついてるだけで豪華な気になる昭和のおっさんの戯言でした。久しぶりに満足いくネット環境だったものでつい…。


朝日屋
052-981-0885
愛知県名古屋市北区清水5-20-14
11:00~14:30、17:00~21:00