FC2ブログ
愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
石田屋@愛知県名古屋市熱田区金山町

本日は焼きとんの石田屋さんにお邪魔しました。


 


平日の5時。
外観から既にアンタッチャブルな雰囲気を醸し出しております。



店内はカウンターに、パイプテーブル。
 
平日の5時に既にカウンターは満席。
入っても「いらっしゃい」はない。
妙齢の女性ふたりが切り盛りしている。
 
その女性の後ろに後光のように輝く「写真撮影禁止」の張り紙。
 
テーブルに座るっても特に注文を聞く雰囲気はない。
 
私「ビールください。」
女性A「ビールはなんにするの?」
私「あっ、じゃあ、キリンで」
女性A「キリン、朝日?」
女性B「この人キリンって言ってるでしょ!」
 
テンポの早さと喧嘩腰。
昭和ノスタルジーではなく、経験したことはないが、戦後の闇市みたいだ。

串焼きは、とんやき(ホルモン)、レバー、心臓、さがり(並、皮)の4種類。
全品80円の名古屋の中心街からすこし離れたとはいえ、信じられない値段である。
注文は2串づつという張り紙を確認し、とんやきとレバーを注文する。
当然「塩かタレか言わなきゃわかんないの!」っと罵声を浴びせられる。
 
ホルモンは歯ごたえがよく、下処理がよくしてある感じである。
これなら塩でも美味しそうだ。
レバーは半殺し(レアー)で、久しぶりに美味しいと思えるレバーだ。
 
カウンターが空いたので、席を写し、味噌煮の大なべを覗く。
 
ドテ煮、豆腐、コンニャク、血管、はんぺい(赤棒、ごぼう)
ドテ煮(ホルモン)と血管を注文する。
当然「何本か言わなきゃわかんないの!」というもうすでに子守唄のように聞こえる罵声付きだが…。
 
歯ごたえが残るホルモンがまた美味い。
血管は見た目マカロニのようだが、名前の通り血管なのだろう。
味って味はないが、食感が面白い。
 
さてそろそろビールも底が見えてきて、熱燗に移行するかどうか悩みながら。
とんやき1本、心臓1本、塩で!
とうとう応援歌のような罵声は飛ばなくなった。
 
とんやきはやはり塩が美味しかった。
心臓も歯ごたえとしっとり感が両立するとても良いものだった。
 
写真に頼るブロガーにとって、きつい店だが、昭和ノスタルジー!?戦後を楽しめるお店である。
是非ご賞味あれ。
 
石田屋(食べログ)

石田屋
052-671-7308
愛知県名古屋市熱田区金山町2丁目7-18
スポンサーサイト



テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ