愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
市場で醤油豚骨ラーメン@しのだ(愛知県西春日井群豊山町、名古屋北部市場場外)
本日は名古屋市北部市場外にあるしのださんにお邪魔しました。


名古屋市北部市場の正門前にある北部市場総合食品ビル。



魚やさんや、焼肉屋さん、ラーメン屋さんが入っています。



市場帰りによれる店はこちらのみ。
寒い朝に汁ものの看板を見るだけで温まる感じがします。



まずは食券を購入。



店内こんな感じ。
カウンターのみ。



うどん、ラーメン、丼もの、そしてセットメニューが充実しております。



本日は醤油豚骨ラーメンをなぜか選んでしまいました。
今思えば一番安い豚汁朝定食を選べばよかった!
やはり初めての店は一番安いもので様子を伺えばよかったと思う。



具は油がくどくないチャーシュー、シナチク、名古屋カマボコ、刻みネギがたくさん。
麺はまあ市販品の普通の奴です。
スープがしっかりしていて、返しを寸胴から白濁した豚骨スープで割っていました。
豚骨のいやなにおいのしないすっきりした豚骨スープなので、意外と朝から食べられました。

ちなみに常連さんとおぼしき人たちは全員醤油ラーメンを食べていました。
まあ朝だからかも知れませんが…。



さらに朝からこちらを投入し、味にアクセントをつけ、職場の同僚のことを考えなければ、最高の一杯となりました。
周りの人ごめんなさい…。






(目次)市場で朝ごはん


しのだ
0568-28-6211
愛知県西春日井群豊山町豊場八反121 北部市場総合食品ビル 1F
スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場のシラス@丸京水産
本日は柳橋中央市場、名古屋総合市場にある丸京水産さんにお邪魔しました。
下記マップ参照
 
 
 
 
 
 

たまにはこんな角度から眺める名古屋総合市場ビル。
 
 

 

浜名湖で取れたものを得意とする丸京水産さん。
 
 


 

ズラッとトロ箱が並びます。
 
 


 

やはり貝類が多いですね。
 


 

こんな感じ。
 
 


 

本日目に付いたのはこれ!
しらす干し。
なんか見た目が美味しそうだったので購入。
お姉さんが優しく販売してくれます。
 

 



確かに塩分少なめで、苦味がない。
現在子供のごはんの上にはマストな食材になっている。
 
 



シラスって、こんな良い香りがするんですね♩


丸京水産
名古屋市中村区名駅四丁目15番15号
名古屋綜合市場ビル内

 
玉の家@名古屋市北区城見通
本日は名古屋市北区城見通にある玉の家にお邪魔しました。
 
 
 
 

相変わらず閑静な感じです。
 
 


 

前回撮れなかったショーケース。
メニューの幅がすごいですな。
餃子を押している麺類食堂ってのも珍しいかな!?
 
 


 

関西風の暖簾。
黒に白抜きってのも渋いですね。
 
 


 

店内こんな感じ。
 
 


 

テーブルに小上がり。
 
 


 

テーブルには灰皿。
 
 


 

メニューは壁のみ。
 
 


 

本日は、まだまだ懸案事項の味噌ラーメン。
あれっ!?白味噌かな!?かなり色は薄い。
具はキャベツ、玉ねぎ、人参、もやし。
具は”名古屋麺類食堂系ノスタ八丁味噌ベース味噌中華”を満たしているのだが、肝心の赤味噌が…。
 
 


 

そしてその肝心のスープは、むむむ!?合わせなのかな、赤味噌はかなり薄い、札幌みそラーメンに近いんじゃないかな!?みりん系の甘味も強く、私の好みのスープである。
それほどきつくない味付けが中太麺に合い美味い!
 
名古屋風に言うと”チンチコチン”(アツアツ)のスープが身も心も温めてくれる。
やはりこの時期味噌ラーメンがいい!
 
しかし、みそラーメンがまとまらない!店ごとに個性的すぎる。
 
 

目玉付き(片目)ってのはちょっと市場っぽくて面白い。
 

訪問履歴
中華そば
みそラーメン

玉の家
052-913-0418
愛知県名古屋市北区城見通1-5-3
 
市場でフライ@かつや(柳橋中央市場、愛知県名古屋市中村区名駅)

寒い日が続きますが、そんな朝”も”柳橋食品ビル1Fにある食堂かつやさん。
下図参照。
http://yanagibasi-food-bill.la.coocan.jp/floor_guide/floorguide.html



 


たまにはアングルを変えてパチリ。




こんど平日に来た時(お酒を飲まない時)は、”カレーオムのっけ”を狙っていたりする。




最近の定番になりつつある湯豆腐に熱燗。
湯豆腐はプレーン。やっぱり牡蠣入れれば良かったかな!?




ショーケースを眺めるのは久しぶりだ。




お惣菜もうまそうなのだが、本日はやめておく。
ポテトサラダに後ろ髪を引かれるが…。




本日は自分でも”あれなんで!?”っと思ってしまったのだが、フライを取り上げていないことに気づいた。
 
っということでご紹介。
 
こちらのお店のメインはテーブルに並んでいるタッパ。
アナゴに海老、太刀魚、イカ、アジ、キスと1本から天ぷらにでもフライにでも揚げてくれます。
ネタの種類によっては焼いてもくれます。




本日は、手前から太刀魚、アジ、牡蠣2つ。
 
白身の太刀魚はほっくりと揚がっておりマヨと合う。
揚げたてのアジフライの甘さは論争につながるほどだ。
そして揚げたてのカキフライほどうまいものはそうないと思う。




この雰囲気の中、この季節に、熱々のフライを朝から食べられるって贅沢だと思う。




さあ次回は何を食べよう。
組み合わせは自由自在なので、悩んでしまうが、それがまた面白い。
 
市場で天ぷらから始まったかつやさんでしたが、まさかフライを取り上げていない!?カテゴリー分けしていないとは思いませんでした。
うっかりしておりました…。














食堂かつや
名古屋市中村区名駅四丁目14番
柳橋食品ビル1F
052-571-6127

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

浅田屋@名古屋市北区新堀町
本日は、和洋食、きしめん、そば、うどんの浅田屋さんにお邪魔しました。




きしめん、和洋食の看板、そば、うどんの暖簾。
グルメ評論家が見れば酷評しそうである。





関東風の暖簾に竹の棒ってのが、美味しそうなう雰囲気を醸し出している気がするのは私だけだろうか?





季節メニューが一新されましたね。
サマー定食がないのがさみしい…。





夏はざるそば、ざるうどんがメインで、冬は鍋焼き、煮込みがメインなんですね・
カレーラーメンまで出ていますね。





相変わらず、古いが清掃の行きとどいた店内。





おや!?ふりかけが姿を消しました。
一度使ってみたかった。





本日は検案事項のみそラーメン。
注文をしてすぐに厨房からゆきひらの中の味噌を菜箸でかきまわす心地よい音が聞こえ、味噌のいい香りが漂ってくる。
間違いなく旨いものを作っているって感じである。
いつものナプキンで包まれたレンゲに感心しながらも、シンプルなビジュアルを確認する。







具は蒲鉾に海苔、ハムにもやし、写真では確認できないが豚肉が何切れか入っていた。
麺は中太麺。相変わらずここの麺のゆで加減は私の好みである。
これはまさにみそラーメン!ラーメンとの相違はスープだけである。





スープを啜ると、かなりみそが濃い。
当然ながら、出汁が利いているからみそが濃く感じられるのだ。
関東出身の私にとって、赤みそはたいてい濃く感じる。
つまりこれは純粋な名古屋のみそラーメンなのだ!

スープは八丁味噌ベースなので、問題がないのだが、具がこれではさみしい。
値段がラーメンと味噌ラーメンは同じなので、当たり前と言えば当たり前なのだが…。
私のイメージする名古屋麺類食堂系ノスタ八丁味噌ベース味噌中華!!ではない気がする。

味噌中華と味噌ラーメンは違う種類と見るべきなのだろうか?

ちなみにネーミングを比較すると、こんな感じ。
まだ調査量が少ない。

サッポロ中華(やぶ金@愛知県津島市本町)
みそラーメン(岩野屋@名古屋市北区清水)
みそ中華(稲の家@名古屋市北区水草町)
みそラーメン(浅田屋@名古屋市北区新堀町)




定食も食べたいのだが、なかなかそこまでいかない浅田屋さんでした。
いつまでも元気に営業続けてください。




訪問履歴
ラーメン@浅田屋
木の葉丼、ラーメン@浅田屋
みそラーメン@浅田屋

浅田屋
愛知県名古屋市北区新堀町7-6
052-913-0019
石田屋@名古屋市熱田区金山町
本日は焼きとんの石田屋さんにお邪魔しました。
 
 
 
 

平日の5時。
外観から既にアンタッチャブルな雰囲気を醸し出しております。
 
 


 

店内はカウンターに、パイプテーブル。
 
平日の5時に既にカウンターは満席。
入っても「いらっしゃい」はない。
妙齢の女性ふたりが切り盛りしている。
 
その女性の後ろに後光のように輝く「写真撮影禁止」の張り紙。
 
テーブルに座るっても特に注文を聞く雰囲気はない。
 
私「ビールください。」
女性A「ビールはなんにするの?」
私「あっ、じゃあ、キリンで」
女性A「キリン、朝日?」
女性B「この人キリンって言ってるでしょ!」
 
テンポの早さと喧嘩腰。
昭和ノスタルジーではなく、経験したことはないが、戦後の闇市みたいだ。
 
 
 
串焼きは、とんやき(ホルモン)、レバー、心臓、さがり(並、皮)の4種類。
全品80円の名古屋の中心街からすこし離れたとはいえ、信じられない値段である。
注文は2串づつという張り紙を確認し、とんやきとレバーを注文する。
当然「塩かタレか言わなきゃわかんないの!」っと罵声を浴びせられる。
 
ホルモンは歯ごたえがよく、下処理がよくしてある感じである。
これなら塩でも美味しそうだ。
レバーは半殺し(レアー)で、久しぶりに美味しいと思えるレバーだ。
 
カウンターが空いたので、席を写し、味噌煮の大なべを覗く。
 
ドテ煮、豆腐、コンニャク、血管、はんぺい(赤棒、ごぼう)
ドテ煮(ホルモン)と血管を注文する。
当然「何本か言わなきゃわかんないの!」というもうすでに子守唄のように聞こえる罵声付きだが…。
 
歯ごたえが残るホルモンがまた美味い。
血管は見た目マカロニのようだが、名前の通り血管なのだろう。
味って味はないが、食感が面白い。
 
さてそろそろビールも底が見えてきて、熱燗に移行するかどうか悩みながら。
とんやき1本、心臓1本、塩で!
とうとう応援歌のような罵声は飛ばなくなった。
 
とんやきはやはり塩が美味しかった。
心臓も歯ごたえとしっとり感が両立するとても良いものだった。
 
写真に頼るブロガーにとって、きつい店だが、昭和ノスタルジー!?戦後を楽しめるお店である。
是非ご賞味あれ。
 
石田屋(食べログ)
 


 
 
 
 
 
石田屋
052-671-7308
愛知県名古屋市熱田区金山町2丁目7-18
市場のめかじき@魚太(名古屋市北部市場)
今更ながら、サラリーマンが平日から市場に行くのは止めようと思いながら、本日もやっぱり名古屋市北部市場にお邪魔しました。
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/19-18-9-0-0-0-0-0-0-0.html
 
 
 
 

北部市場のネオンサイン。
おおざとが消えています。


 

さて鮮魚はこんな感じ。
マナガツオのいいのがあったのですが…、大きさと値段に手が出ませんでした。
 
 


 

さて本日お世話になったのは魚太さん。
まぐろに対する熱い思いが書かれています。
 


 

こちら側にも!
 
 


 

全体像。
 
 


 

サクも売っています。
 



 

本日頂いたのはメカジキ。
あまり馴染みがないのと、カジキ関係は冬が美味いってことで購入してみました。
 


 

午後までほっておいたので血がにじんでしまいましたね。
 
 


 

とりあえず刺身で頂く。
 
 


 

ちょっと筋が多いですが、白身と赤身の間くらいな感じで美味しいですね。
食べたことはある味でしたが、改めて味わってみると美味しいです。
 


 

バター焼き。
ちょっとソースにみりんと醤油を足してみました。
魚っていうか、鶏肉みたいな雰囲気がある。
火を通してもしっとりしていて、しっかりとした歯ごたえがいい!
これも美味しい魚である。
 


 

塩焼き。
血合いの部分も美味しいですね。
やっぱり魚は塩焼きかな!?
炭火で焼いてみたいものである。
 


 

衛生検査が、がっつり入ってます。
さすが公営ですね。柳橋(私営)では見たことがありません…。
 
 
 
株式会社魚太
052-903-2044
愛知県西春日井郡豊山町大字豊場字八反107番地(名古屋市北部市場水産棟)
市場でモーニング@喫茶一陽(名古屋市北部市場内)
本日は名古屋市北部市場にお邪魔しました。
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/19-18-9-0-0-0-0-0-0-0.html

名古屋市には中央卸売市場が3つあり、本場(熱田区)、北部市場(豊山町)、南部市場(港区)と分かれており、鮮魚は本場にあり、北部市場は青果、南部は食肉と分かれています。
ただ北部もメインが青果ってだけで、鮮魚も扱っています。
 
って、前述のブログの完コピです。

 

そして本日も関連商品棟。
案内板には沢山の飲食店の名前があるのですが。



やはりシャッター商店街。
名古屋だからなのだろうか?
駅がないからなのだろうか?
 
ちなみに市バスは市場まで来ています。



本日は喫茶一陽さん。



モーニングサービス300円ってのがすばらしい。



意外と新しい建物なんですが、ノスタルジックな雰囲気ですね。

 

店内こんな感じ。
この店はスポーツ新聞を読みながらモーニングを食べるのが流儀らしい。
特にメニューはなさそうだ。



ゲーム機のテーブルってのもノスタルジックな感じである。
席に着くと、「コーヒーでいい?」っと奥さんに聞かれ、そのまま注文する。



テーブルの上には調味料とマーマレード。
ライターまであるのがノスタルジックな喫茶店である。



そしてこれがモーニング。
正直愛知県のモーニングに慣れてしまうと、これではさみしいのだが、300円という値段を考えると、すばらしい仕上がりなのだが…、慣れって怖い。
濃い目のコーヒー、カリッと焼いたパンにバター、そしてゆで卵。
言うことはありません。完璧なモーニングだった。


喫茶一陽
052-903-5360
愛知県西春日井郡豊山町大字豊場字八反107番地(名古屋市北部市場 関連商品棟2F)

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場の牛ヒレ@中部三河屋
本日は柳橋中央市場、マルナカ食品センターにある中部三河屋さん。
 
 
 

肉なら何でもそろう中部三河屋さんですが、なにせA5等級のお肉ばかりで、当然値が張ります!!
 
 


 

我が家はもっぱらセールを狙います。
まあちょいちょい半額引きをしてくれているのですが…。
 
 


 

半額って言ったってグラム1100円!キロ1万1千ですよ!
どんな魚が買えるっていうんだぁ~!
 
サーロインは意外とよく半額引きをやっていますが、ヒレ肉は少ないんです。
我が家はヒレ肉派なので、非常に困っています。なんとかしてください三河屋さん!!




 

相変わらずステーキの焼き方がわからないので、小さく切って焼いています。
 
 


 

 炒めたもやしに乗せ、愛知では有名なステーキハウスあさくまのステーキソースをかけてパクリ。
油のうまみではなく、肉のうまみが素晴らしい!
やはり肉は肉を味わいたいものである。
 
 
 
 
 
 
中部三河屋
名古屋市中村区名駅4-15-2
マルナカ食品センター本館
水星食堂@名古屋市瑞穂区新開町
本日は名古屋市瑞穂区新開町にある水星食堂にお邪魔しました。






名鉄の堀田駅ってあまり使用しないですが、本日はこの為だけに伺いました。






駅の構内に名店街がある。
なぜかタコ焼き屋は軍歌を流しっぱなしだった。
ここが公共交通機関ってことを忘れてしまう。








こんな看板を見ながらたどり着くと…。







シャッター商店街だった。
平日の5時。休みってのも考えにくい。
営業しているのは飲食店が何軒かだろうか!?







そして本日の目的、水星食堂は元気に営業中。





”昔なつかしの”中華そばや、”早い”おでん定食、などのPOPが素敵です。





平日の5時からすでに全員飲んでる人気店である。
カメラが向けにくいので店内写真が少ないですが、雰囲気が伝わらなかったら申し訳ありません。





親子丼の上やカツ丼の上ってメニューがあるのは、定食屋というか飲み屋ですな。





テーブルの上には基本調味料と灰皿。ティッシュがあるのが嬉しい。







なるほどこれが早いおでんか。






周りの客に負けじと、私もおでんに生中。
愛知県ですが、味噌とからしがあったので、当然からしを選択。







そしてラーメン。
さすがに昔懐かしい味である。
出汁が煮干しである。
濃い目の返しに、固めの縮れ麺がよくあって旨い。
結構本格的な煮豚も歯ごたえの良い蒲鉾もよい。
これで400円ならコストパフォーマンスもよい。

あまり使用しない堀田駅だが、この雰囲気の中で一杯やった〆にこの中華そばが食えるなら、たまには来てもいい気がする。



水星食堂
052-881-9832
愛知県名古屋市瑞穂区新開町28-26 名鉄堀田名店街