愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
清平(きよひら)@名古屋市西区上名古屋
本日はバタバタと忙しい中名古屋市西区上名古屋にあるきよひらさんにお邪魔しました。
 
 
 
 
 

住宅街にあるうどんやさん。
写真を撮るのもいい加減になっていますね。
反省しております。
 



 

暖簾がなかなかなものです。
ちなみにこれは関西風暖簾だそうです。
いずれまとめてみようと思う。
 
 



 

店内は清潔に保たれており、小上りと。
 
 


 

テーブル。
店員のおばさまたちがたくさんいるのに驚いたりする。
 
 


 

テーブルの上には灰皿もあるのだが、なんかノスタルジック食堂って感じでもない…。
 
 
 


 

メニューこんな感じ。
木の葉丼、篠の田丼はありませんねぇ~。
 
 


 

ここはカレーうどん定食が有名。
店内には、カレーうどんで取り上げられた記事が壁に貼ってあります。
 
 

 

そして注文は中華そば…。
まあマイブームなものですから…。
 
昆布が主体の出汁なのかな!?あまり出汁の主張はないです。
醤油!?と言われれば醤油かな!?味噌も入っているような気がするし…。
サッポロ一番味噌ラーメンの上品版って感じだろうか!?
自信がありません。
 
麺はちょっと柔い中太麺。
 
具はチャーシューにもやし、コーンにメンマ。
 
やはりここは定食がおすすめである。
 
カレーうどんには前掛けがついたり、おねーさんたちの気遣いがすばらしかったり、町に一つはなければならない真面目なうどん屋さんってところである。
 
カレーうどん定食1,130円はいかがなものかと思わずにいられませんが…。
 
 
 


 

久しぶりにカブに乗った出前を見たりして、やはり町に一つはなければならないお店である。
是非出前で味わいたいものである。
 
 
 
 

清平 (きよひら)
052-531-3387
愛知県名古屋市西区上名古屋3-13-30
 
 
スポンサーサイト
市場でお寿司@すし市場正(愛知県西春日井郡豊山町、名古屋市北部市場外)
本日は名古屋市北部市場前にあるすし市場正(本店)にお邪魔しました。
実はかなり前(夏)くらいに来ていたのですが…。今更の登場です。

まあ市場の方々のための寿司屋って感じではありませんが、雰囲気は出ています。
営業時間が午前11:00~午前05:00ってのはすごいですよね。
朝5時には市場関係者がくるのかしらん!?
お昼時はいつも待ちがあります。

すし市場正HP

 

北部市場周辺はあまり食事をするところがない。
国道沿いにチェーン店がいくつか並んでいますが、市場の雰囲気は無くなってしまいます。

ここは数少ない北部市場の雰囲気を味わえるお店である。



北部市場も素人が入れる雰囲気を持っていないので、朝来たことがないのだが、いずれ来てみようと思う。

 

駐車場はいくつもあります。車を停めて、さあ店内に入りましょう。



店内こんな感じ。
まあ普通の回転寿司です。



メニューはこんな感じ。



カウンターの調味料にポン酢。
こんなところがちょっと市場っぽい。(私のイメージの市場の食堂は調味料がたくさんあるのだ!)



おすすめはこんな感じ。



味噌汁はセルフサービス。1杯まで無料。



結構いけるらしい。



とりあえずビール。



ブリだったか!?
何せ夏のことで覚えてない。



座布団鰈の縁側ですか!?



鯛かな!?
ネタが大きく厚いので一口で処理するのは難しいくらいだ。



焼きアナゴ。この店一番のおすすめである。
こいつとガリで一杯やりながら後のことを考える。

ネタの大きさ、新鮮さが売りのすし市場正さん。
是非明け方もうかがいたいものである。






すし市場正(本店)
(0568)28-3040
愛知県西春日井郡豊山町大字豊場字八反52-1

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場の出汁@タキモ本店
柳橋中央市場、マルナカ食品センター本館にあるタキモ本店さん。


マップ参照
 
 
 

乾物、珍味のお店です。
 



 

うちは専ら削り節を購入してます。
味噌汁にも濃い出汁を使ったりするので意外と使い切ります。
本当は毎日削ればいいんですが、なかなかそこまでできません。
 
 


 

しばらく前ですが、違和感のある風景。
 
 
 
 


 

こんなPOPがありました。
 
やっぱり全国放送って違いますね!
 
汁物、煮物、すき焼きの割り下にも使います。
厚い削り節をこれほどか!って煮込んで出汁をとると、濃い味付けに負けない出汁が取れるので重宝しております。
 
 
 
タキモ本店
名古屋市中村区名駅4-15-2
マルナカ食品センター本館
市場の香辛料@三河屋
本日は柳橋中央市場、マルナカ食品センターにある中部三河屋さん。



三河屋さんはほぼ毎日なにかお得なものがあります。






本日はこれ!
5等級の牛ロースである。
なんと半額!!半額とはいえグラム1000円であるが…。






真空パックから取り出して常温にするだけで油がとろけます。
刺身で行きたくなりますが、このご時世やめておきます。
まあ刺身で脂身はあまり美味しいもんじゃないしねぇ~。






本日はこれの紹介。
三河屋さんのステーキ肉についてくるステーキスパイス。






レジの横で売っています。





ステーキ肉にこれを振りかけてしばらく待って焼く。







なかなかステーキを焼く技術を持っていないので、細かく切って焼くのが家の流儀になっている。
焼肉の厚い番のような感じである。







ナイフフォークを使いたいところだが、箸でパクリ。
油の甘さが舌に、噛みしめると肉のうまみが口に広がる。
塩とスパイスがこれほどまでに肉のうまみを引き出すとは思わなかった。

訪問履歴
市場のローストビーフ@中部三河屋









豚市さんのステーキ肉。


 



 

ヒレ480円。


 



 

サーロイン480円。



 



 

全貌。

 




 

ヒレ。

 





 

サーロイン。

やっぱりサンタフェでいただく。こちらは肉のうまみが前面に出る肉。
訪問履歴
市場の肉@豚市
 



ちなみに焼き鳥もサンタフェでいただく。
訪問履歴
市場の鶏肉@美濃かしわ




まあどこにでも売っているのでしょうが、家ではここで購入しております。
肉にはなんでも振りかけて食べております。
柳橋中央市場ショッピング!?って感じの話題です。



サンタフェステーキスパイス
市場でネギマ(フライ))!?@かつや(柳橋中央市場、愛知県名古屋市中村区名駅)

本日”も”柳橋食品ビル1Fにある食堂かつやさん。
下図参照。
http://yanagibasi-food-bill.la.coocan.jp/floor_guide/floorguide.html



 


本日でグランドメニューコンプリート。
同じメニューを頼んでもブログに載せていないので、更新頻度は少なくなるんじゃないかな!?
嬉しくもあり、寂しくもあります。


 

本日は先々週から決まっています。
ネギマのフライ。
太刀魚があったので一緒にお願いする。




ポテトサラダをつまみながら待つ。




目の前であげられているフライたち。
これがやっぱり嬉しい。




ネギマはソースでお願いしました。




まずは太刀魚から。
白身魚独特のほっくりした感じが美味しい。
やっぱり白身魚にはタルタルソースが合う。




ネギマ(フライ)。
グランドメニュー最後だと思うと味わい深い。

これでグランドメニューはコンプリートである。感慨深いものがある。
まあ、天ぷらやフライのネタや、お惣菜はいつまでたってもコンプリートできないんだからいいですけどね。

これからが特別メニューに裏メニューと常連ならではの楽しみがでてくるのではないでしょうか!?
末永くお願いしたいお店である。



大中小は別としてコンプリートいたしました。














食堂かつや
名古屋市中村区名駅四丁目14番
柳橋食品ビル1F
052-571-6127

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場で肉丼セット@さらしな
本日は柳橋中央市場、マルナカ食品センター本館にあるさらしなさん。


マップ参照
 
 
 
 

この看板が出ていたのは知っていました。
 
 


 

三徳さんのときの倍の間口になっていたのも知っていました。
 
 


 

看板もきれいになりました。
 
 
 


 

そして2013.10.15オープンです。
私乗り遅れました…。
本日デビューです。
 
 
 


 

店内はぐるっと回らされたカウンターと、こんなテーブルがいくつかあります。
 
 
 
 


 

テーブルの上に天かすがあるのは関西系な感じ!?
 
 


 

メニューはこんな感じ。
 
ここはおすすめの肉丼セットで行きたいと思います。
さらしなといえばやっぱりそばをお願いしたいと思う。
 
 
 


 

肉丼。
 


 

牛すじ煮にしてはかなりさっぱりとした味付け。
くどくないので最後まできっちり頂ける感じ。
七味を振れば完璧である。
 
 


 

蕎麦はまあこんな感じなのかな!?
出汁はさっぱりとした醤油味。きしめんに合いそうな出汁といった感じだろうか!?
 
既に常連客が多いらしく、カレーきしめんを頼む客が多い。
次回はカレーきしめんをお願いしよう。
 
これからの季節、早朝の市場で、あっつい出汁を胃に流し込むのはうまいだろうな!
 
老舗と呼ばれるようになるまで頑張って欲しい物である。
 
 
 
 
さらしな
名古屋市中村区名駅4-15-2
マルナカ食品センター本館

 
陽龍@名古屋市北区八代町
本日は名古屋市北区八代町にある陽龍さんにお邪魔しました。
 
 
 
 
 

昭和のラーメン屋って感じですね。
間口がこれだけ広いのも今時のお店ではありません。
 
 
 


 

壁に書かれた陽龍の文字も歴史を感じるフォントである。
 
 


 

メニューはこんな感じ。
もろラーメン屋である。
 
 


 

調味料が凝っていて、粗挽き胡椒と唐辛子を刻んで炒めたもの。
 
 
 


 

久しぶりに見る大鍋で茹でる麺。
平ザルであげる姿は懐かしい。
鉄砲ザル全盛期の今のラーメン界ですが、麺を美味しく茹でるのはやっぱり同じ温度で同じ時間茹でるために、大鍋で平ザルじゃなきゃいけないと思う。
鉄砲ザルは茹で置きされたうどんをあっためるためにあった気がする。
少なくともプロが自慢げに使うものではなかったと思う。時代も変わったものだ。
 
 
 


 

ラーメンを注文。
受け皿がついてくるのが既に懐かしい。
スープが溢れるまでサービスしますよって感じである。
 
一昔前、丁寧に灰汁をとり、ゆっくり加熱し、出汁をとった、透明感のある雑味のないスープが主流だった覚えがある。
 
透明感のある醤油ベースのスープ。
雑味も癖もないので最後まで味わえるスープ。
中華そばのお手本になるようなスープである。
昔の日本人が好きだった懐かしい味である。
 
麺はつるつるシコシコ。(久しぶりに使う言葉だ)
 
具はチャーシューともやし。
チャーシューは脂身ではない肉の旨さがあるチャーシュー。
昔はあまり豚の油を好まなかったから、こんなチャーシューがもてはやされていた覚えがある。
正直今となっては私もパサつく感じがする。肉を味わうならレアがいい気がする。
もやし!?昔はもやしの入るラーメンは貧乏臭かった気がする…。
 
全てが懐かしい。
 

 
 
 
 
 

ラーメンは特に研究され進化している料理なので、この味で、このメニューで店を続けていられるのはすごいと思う。
 

 
 

 

ラーメン専門店を謳う店だけのことはある。
いつまでもこの味で勝負してもらいたい物である。
 
 
陽龍
052-914-1294
愛知県名古屋市北区八代町2-76
 
玉の家@名古屋市北区城見通
本日は名古屋市北区城見通にある玉の家にお邪魔しました。
 
 
 
 

大通りから入ったところにあり、閑静な住宅地の中。かなりひっそりした佇まいになっております。
 
 
 



 

改装したのかな!?綺麗な外観に歴史のありそうな暖簾。
ショーケースも渋かったのですが、奥にお客さんがいたので写真が撮れませんでした。
 
 
 



 

メニューはテーブルにはなく、壁に貼ってある木札!?のみ。
うどん屋さんというか、定食屋さんって感じのラインナップである。

 
 
 


 

小上がりにテーブルが5つ。
かなり清潔に保たれている印象を受ける。

 
 
 
 


 

調味料はこんな感じ。一味に七味があるのはうどん屋さんぽい。
灰皿も大概のテーブルにはある。

 

 
 

 

そして中華そばを注文。

麺が絡み合っていて、しばらく箸でほぐさなければならないのが残念である。
 
スープはおそらく節系の出汁だと思うが返しが本格中華のそれだと思う。
食べ終わってからもしばらく独特の香辛料の香りが口に残る

具は、かまぼこ、ハム四分の一、花麸、チャーシュー。
 

 


 

チャーシューの味が濃いが自家製だと思う。八角の香りがする本格的な味付けに驚いた。
チャーシューの煮汁が返しに入っているのかな!?
 
老夫婦がやっている近所に愛されている誠実なお店と言う感じだろうか。

うどん屋さんのラーメンは年季が入った店ほど旨いのはなぜなんだろう!?
志乃田丼もあるので是非また伺いたいお店である。
 


玉の家
052-913-0418
愛知県名古屋市北区城見通1-5-3
 
広野屋@名古屋市西区上名古屋
本日は名古屋市西区上名古屋にある広野屋にお邪魔しました。
 
 
 
 

佇まいがもう素敵な感じですね。
 
 


 

暖簾は昔ながらの藍染。
既にこの店はうまそうである。
 
 


 

ショーケースは既にお手本のようなショーケースである。
 
 


 

店内こんな感じ。小上がりとテーブルがいくつかあるが、なにせ人気店なものでカメラが向けられなかった。
おひとり様にも優しいお店である!?
 
 


 

机上はこんな感じ。
コショーに七味、ゆかり、醤油にソースは基本である。

お茶は冷たいのか熱いのか聞かれる。
お代りはセルフサービスである。
 
 
 


 

メニューはこんな感じ。
何屋と聞かれると、麺屋って感じ!?
ニューメンってカタカナで書くと不思議な感じがする。


 
 

 

定食、丼ものはこんな感じ。
麺類定食は冷奴、コロッケ、卵焼きの中から選べるそうである。
定食屋って言葉が合うお店である。
 
木の葉丼もあるのだが、ちょっとお高めだし、次もあるのでラーメンにしておいた。

 
 


 

ラーメン。このビジュアルは素晴らしい。
蓮華に台がついているのも久しぶりかな!?こういった気遣いもノスタルジック食堂のいいところである。
 

 
 

 

とりあえず、スープが美味い。
夜中に親父に連れて行かれた昭和の屋台の味。
無化調がありがたがられる昨今ですが、化学調味料も使い方でうまいですよ!
表面ににネギ、油、灰汁まで浮いてる、塩っけが強いスープが旨い。
油の効果もあってあっつあつです。
具はかまぼこ、しなちく、チャーシュー、花麸とノスタルジックラーメンオールスターズである。
麺もスープをよく絡め、本当に旨い!
定食にすればよかった!!ガッツリ食べるからこの塩辛さのスープなんだ!!

 



年配の夫婦と娘さんかな!?が切り盛りするお店。
お支払いをするときの、おばあちゃんの丁寧な対応が印象深かった。

平日の1時でも満席の人気店なのはわかる。
是非次は木の葉丼を食べに来よう。
 
 

広野屋
052-521-0756
愛知県名古屋市西区上名古屋4-2-30
 
市場で食べ歩き@丸武&丸豊(築地場外市場)
食べ歩きと言うかおくさんに子供をホテルに残しているので、お土産を買いにふらふらしました。





こちらも超有名なテリー伊藤の卵焼き。ここも絶対見たかった。





さすがに他の店舗とは一味違い、宣伝やポップがすばらしいです。








お兄さんの姿はお見受けできませんでしたが、一切れ100円の卵焼きを購入。
しっとりしていましたが、風味がいまいちかな!?


丸武 本店
03-3542-1919
東京都中央区築地4-10-10 築地センタービル 1F







行列のおにぎりや発見。





外人さんたちもこぞって買っています。






まあそんな不思議なものを売っているわけでもありませんが、きっと面白いんだろうな。






さけとたらこの他人結び。
たらこは生だったので2歳児が食べてくれませんでした。
満腹な私が食べても米粒の喉触りのいい、美味しいおにぎりでした。

おにぎり屋 丸豊
03-3541-6010
東京都中央区築地4-9-9 築地場外


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。