愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
浅田屋@名古屋市北区新堀町
本日は車で通りかかって、看板に一目ぼれした。
和洋食、きしめん、そば、うどんの浅田屋さんにお邪魔しました。





和洋食、蕎麦うどんきしめん!この乱雑さがすばらしい。いったい何を食べる為に入るのだろう!?







暖簾は清潔でいい感じです。新調してるんだろうか!?






ディスプレイはもうお手本のような感じ。







お店は古くても清潔に保たれています。
平日の13:30、すでに大将はお休みモードでテレビを見ておりました。






メニューはこんな感じ。





ベーシックなものに定食が充実している。
サマー定食(冷麦、串カツ、ライス)が泣かせる。






テーブルの上にはふりかけがある。がっつり系のお店だ。
ラーメンを注文すると、ご飯はつけますか?と聞かれた。
やはりがっつり食べられるお店だろう。







プラスチックのレンゲだがナプキンで包まれている。こんなところに店の心意気が感じられる。
具は蒲鉾に海苔、ハムにもやし。
麺はまあ普通だな。スープがうどん屋のラーメンとは違い。ちゃんとしたスープだ。
豚骨ほど癖がないのだが、鳥がらでもない感じ。胡椒がかなり利いているのでちょっと判断が…





上の写真では分かりにくいが、豚肉が何枚か入っている。
これが利いているのかな!?ちゃんとしたラーメンスープになっている。






お勘定をしようとしたら、奥から割烹着のおかみさんが出てきた。
やはり割烹着で料理を出されると無条件でうまい。レンゲがナプキンで包まれているだけある。
和洋食、きしめん、そば、うどんと看板にはあるが、何を食べに来たって聞かれたら、このおかみさんの料理を食べに来たんだと答えられる。これがノスタルジック食堂の醍醐味である。







また店の前のカブが泣かせる。
出前ができるかどうかは未確認。



浅田屋
愛知県名古屋市北区新堀町7-6
052-913-0019


スポンサーサイト
市場で刺盛@魚源食堂(柳橋中央市場、愛知県名古屋市中村区名駅)
本日の朝飯は柳橋中央市場、名古屋総合市場にある食堂魚源さん。

下記マップ参照

http://www.sougou-shijou.co.jp/pdf/ichiba.pdf




相変わらず営業しているか、していないか分かりずらい感じ…
 


正面玄関から入る勇気が…
 


やはり私は裏口から入ります…

 

本日はカウンターを陣取って、お惣菜を見ながら一杯やることに。
 


さあどれにしましょうか?
 
 

鳥貝が目についたので手を伸ばすと
「酢味噌か生姜付けますか?」と声がかかる。
それではという事で酢味噌をお願いする。
 
一杯やりながら常連さんの注文風景を眺めると、みなさん。
ピーマンを塩で!とか、焼き魚あまりあっためないで!とか品物を選んで、味付けや調理法を指定しています。
やっぱり市場の食堂って感じがします。
 


私はこの店ではいつも刺身を頼みます。
刺身は何がある?と聞くと教えてくれます。
今日はひらめにカツオにマグロ。
ヒラメを注文したら、カツオが美味しいですよと言われ、カツオにしたら、両方盛ってくれました。
 
ヒラメはちょっと時期が悪いかな!?カツオの肉質は最高!油もくどくなく、好みの味でした。



ビールつけて1500円の幸せ!
 
刺身を頼むと旦那さんが奥さんにブロックサインで刺身の値段を教えるので、それがまた面白い。




(目次)柳橋中央市場


(目次)市場で朝ごはん


食堂魚源

名古屋市中村区名駅四丁目15番15号 名古屋綜合市場ビル内

http://sougou-shijou.co.jp/

052-541-5415

6:00~10:00

営業日:名古屋総合市場に準ずる。

12月31日は休業

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

味良@名古屋市北区川中町
本日は名古屋市北区にある味良さん。
 
 
 

名は体を表す!?カレー煮込み専門店です。
 




 

注意書きに
「当店のメニューは
 ・カレー煮込みうどん
 ・味噌煮込みうどん
 ・中華そば
のみとなっております」
 
かなり潔い感じです。
 
 


 

店内は小奇麗な感じ。
私の好きな店は今はやりの「キタナシュラン」ではなく、古くても清掃の行き届いた店だ。
やはり食事は清潔なところで頂きたいものである。

 
 

 

メニューはこんな感じ。麺は3種類で、サイドメニューも充実してたりする…。
 



 

一味に七味、ソースに胡椒、塩まである。
 



 

やはり基本カレー煮込みうどん。
カレー煮込みうどんは実は定義があって、カレーうどんを土鍋に入れればカレー煮込みうどんになるわけではない。
愛知県民以外はピンとこないでしょうが、実は味噌煮込みうどんの麺は塩分が入っていないので、水分を吸って伸びない麺なのだ!
私は初めて味噌煮込みを食べた時、バッキバキの粉っぽい麺に面食らって食べられなかった覚えがある。
 
その味噌煮込みの麺をつかったカレーうどんが「カレー煮込みうどん」なのだ!
下記HP参照。
 
尾張名古屋カレー煮込み/COM
 
 



 

油あげの調理法が選べるのも面白い。
カリッとしたやつか柔らかい奴か選べます。
 
グッツグツの土鍋にカレー煮込みうどん。麺が伸びないのでいつまでも食感が損なわれません。
カレーのスープはマイルドで、ご飯にかけても美味しく頂ける感じ。
大抵はカレー煮込みにご飯を頼み、麺とご飯のコラボ、最後はスープに投入してカレーと言うか、カレーおじやにしてすすりこみます。
これは癖になる味です。
 
 



 

中華そばはこんな感じ。
チャーシュー、卵、海苔。




 

チャーシューがとろとろで濃い味付け。これが特徴のない麺に合う。
特筆したいのがスープで、魚介系のうどんのつゆみたいなのだが、カレーうどんのだしにも使っているためか、力強い出汁のため中華麺に負けてません。ラーメンは鶏ガラや豚骨が少し入ってないとピンとこなかったのですが、このスープは魚介系のみだと思うが、うまい!
 
でもここはカレー煮込みの味良。ラーメンを頼むのはちょっと考えてしまう…。
 



 

広いんだが、停めにくい駐車場を後にする…。
 
 
めん専門店 味良
愛知県名古屋市北区川中町4-3
052-991-4345

 
市場でボタン海老@山彦水産
柳橋中央市場、マルナカ食品センター本館にある山彦水産さん。


マップ参照
 
 

常連って訳ではないですが、良く来ます。
 



 

まあよく見かけるのだが、海老がぴちぴちしていたりする。
 
 



 

本日はボタンエビがよさそうである。
キロ5500円だったかな!?
 



 

見た目がうまそうである。
 
 
 


 

殻だけ剥いて食卓へ。
 
プリップリの身がねっとりと舌に絡みつき、あま~い。
ワサビがさらに甘さを引き立てます。
味噌がまたカニほど濃くはないがコクがあってうまい!
頭は味噌をすすってから、みそ汁に投入。
一匹だいたい200円の幸せ。悪くないと思う。
 
 
 



 

本日はカニ1500円
 



 

いくらグラム800円
 
自宅で北海道物産展を開催しました♪
ちょっと贅沢しすぎました…
 
 
山彦水産
名古屋市中村区名駅4-15-2
マルナカ食品センター本館
喜多八食堂@名古屋市西区中小田井
本日お世話になったのは名古屋市西区中小田井にある喜多八食堂。
看板に一目ぼれな感じでお店に入りました。
 
 
 

しぶい、しぶい看板である。
 



 

暖簾がまた素敵である。
 



 
 

店の中はこんな感じ。
小上がりが両脇にあって、テーブルが4っつだっけな!?
 
 



 

まあちょっと乱雑な感じは否めません…
 



 

メニューは木札のみ。
 



 

木の葉に志の田があるのでノスタルジック食堂認定。
 



 

テーブルの上のマストアイテムは灰皿。
完全に昭和初期で時間が停まっています。
 



 

ノスタルジック食堂といえば中華そば。
お浸しが付いてくるのがやっぱり昭和な感じである。
 
 



 

けっこう旨いチャーシューに蒲鉾、海苔、麩が入っている。
魚介、海草系の出汁に醤油、味噌風味。胡椒が結構効いている。
私の記憶が定かならば、サッポロ一番味噌ラーメンの味に近い。
あの醤油だか味噌だかわからない味噌ラーメンの味だ。
麺は製麺所の麺なので、麺の力に非常に近い感じがする。
お母さんが作る麺の力はこんな感じになるのでないだろうか!?
 
私はこの手のラーメンが一番好きだ。
 
しばらくお母さんと談話。
45年この味でこの店をやっているとか、子どもが私と同い年だとか。
転勤して戻ってきた人が味が変らないと懐かしがって食べるとか。
昔は女が喫茶店に入ると叱られたとか…
お母さんの話がまたラーメンのうまさを引き立てます。
 
今ではちょっと家族で来る雰囲気ではない気がするが、また来たいお店が出来てしまった…
 
 
 
 

昔は出前もしていただろうと思われるカブがまた泣かせる。
あと10年は持ってもらって、私も懐かしがってラーメンをすすりたいものである。
 
 
 
喜多八食堂
愛知県名古屋市西区中小田井5-92
052-501-5152 
市場できつねうどん@松月(名古屋市中公設市場内)
 
 
本日は公設市場に来てみました。
公設市場とは
「本来は公共団体の所有地(建物)内の市場の称。一般には私有地内にある場合も含め,生産者や商人が場所を借り受けて日用商品を公正な価格で販売する公認された市場(マーケット等)をいう。」コトバンクより。
 
名古屋市にはいっぱいあります。
 
 

本日は中公設市場。
愛知県以外の人には分かりにくいですが、大須にあります。
まあ秋葉原の一区画に大阪のアメ村をくっつけたみたいなところです。
そんな中にぽつんと立つ中公設市場。



 

中はこんな感じ。清潔で。
 



 

広いです。
 



 

お肉屋さんに。
 



 

魚屋さん。
 



 

そして市場と言えばうどんやさん。
 

 

メニューはこんな感じ。
「台で召し上がれます」なんて言葉使いはいまどき通じないと思う。
ざるって意味ですな。
天ざる頼んでお酒を飲むとき天ぷらをつまみに酒を飲んで、そのあとざるで〆るとき、「台は後で!」って使います。
 
 



 

シンプルな調味料。
 



 

黄金の出汁に卵。
月見にすれば良かったかな!?
 
 



 

本日はきつねうどん。
意外としっかりした味付けのおあげさんに黄金の出汁。
そして…、腰と言う概念のない麺…。
まあ市場ですし、時間も遅かったものですから…。
 
 



 

市場のうどん屋さんはなぜテイクアウトがあるのだろう!?

 
 


 

来た時間が遅かったのでこんな感じ。
ちょっと出来てから時間がたち過ぎているようなので購入は控えた。
 
 
 
中公設市場
中区大須三丁目10番26号
052-241-8521
市場で串カツ@かつや(柳橋中央市場、愛知県名古屋市中村区名駅)
柳橋食品ビル1Fにある食堂かつやさん。
下図参照。
http://yanagibasi-food-bill.la.coocan.jp/floor_guide/floorguide.html
とりあえず常連になるまで頑張ります…。


 

暖簾の奥のマスターがうまそうなものを作っている。


 

本日は目玉焼きを頼みに来たのですが…
 
 


並べられた鱧を見た瞬間に気持ちが変ってしまった。
鱧は絶対食べなければいけないし、子鮎があるし、天ぷらだな!
っと、天ぷらを注文。
 



天ぷらにラーメンやカレーは合わないので、小ライスとみそ汁。


 

天ぷらを食べ終わってから、さみしいので串カツ注文。
 
名古屋の串カツでした。
衣大目で、焼きとりを揚げた感じ。大阪の串カツとはだいぶ異なります。
 
ちなみに私はソースで頂きました。やっぱ味噌だれは米と合わないと思う…


 

ショーケースにうまそうなお惣菜。いずれこれも制覇したい。
 



あのフライパンの中に目玉焼きが…
 
来週はかならず!
 












食堂かつや
名古屋市中村区名駅四丁目14番
柳橋食品ビル1F
052-571-6127

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場のたらこ@柴水
柳橋中央市場、マルナカ食品センター本館にある柴水さん。


マップ参照
 
 
 

フカヒレ・山海珍味!?のお店です。
珍味ってなんだったけ!?と初めて検索。
「めったにない、珍しくおいしい食べ物。さきいかやいかのくんせい、チーズたら、ビーフジャーキー、ナッツなど、乾き物を主とした酒の肴(さかな)に向く加工食品をいうこともある。◇フォアグラ・トリュフ・キャビアが世界三大珍味とされる。また、江戸時代には、三河(現在の愛知県)のこのわた、長崎のからすみ、越前(現在の福井県)のうにが天下の三珍とされた。」コトバンクより
 
なるほど珍味である。このわたが愛知県産だと思わなかった!! 
 


 

メニューは色々ありますが、ディスプレイはあまりされていません。
 
 



 

商品は基本的に冷凍庫に入っています。
 




 

くじらベーコンもそそられますが、家のお勧めは「たらこ!」
初めてこのたらこを買った時は、奥さんの入院中であった。
食の進まないたらこ好きの奥さんに買っていったら、「なにこれ、ヤバイ!」っと何週間ぶりにご飯をペッロっと平らげたことがあります。
 
 



 

一腹が上の写真2つ。値段は忘れた…
 




 

ご飯にもお酒にも合う美味しいたらこでした。
 
 
 
柴水
名古屋市中村区名駅4-15-2
マルナカ食品センター本館
 
 


 
 

げんきの郷@愛知県大府市吉田町
流行りの産直市場。
 
 
ここは日帰り温泉もある複合施設なので、いまだに人気がある。
 
 
 
 

広い駐車場はまんたんです。
 




 

はなまる市。
まあとにかく広いです。
 




 

地産地消が合言葉。
今旬なものはスイカ。
 




 

まあとにかく広く、いろんなものがあるので、こんなものもある。
結構侮れない味である。
すべて地元のものらしいが、クリームが程よい甘さで、イチジクタルトは遠出しても味わいたいものである。
 




 

うどんやそば、焼き魚も売っている。
 



 

家のお勧めはたまに見かけるぬか漬けバイキング。
 



 

夏場はぬか漬けに焼酎で決まりである。
 なぜか画像はビールなので、やっぱり夏はビールである。
古漬けと浅漬けがあるのがいいんですよね。

 
 


 

あとは日間賀島のタコ。グラム300円はお得だと思う。
茹でたての熱々が店頭に並んでいるのもうれしい。
半分、4分の1でも売ってくれるのがうれしい。
 
 



 

タコのぶつ切りは酒飲みの親友である。
 
 
げんきの郷
愛知県大府市吉田町正左エ門新田1-1
0562-45-4080

 
市場の海苔@山安のり
 
 柳橋中央市場、マルナカ食品センター本館にある山安さん。


マップ参照
 
 
 
 

看板にあるように海苔の専門店です。
 
 


 

高級な寿司海苔から傷のり、はねだしなんかを売っております。
 


 

愛知、三重なんかの海苔が売っています。
海苔の産地なんかあまり考えたことがなかったので、けっこうびっくりします。
私は関東出身なので海苔は浅草ってイメージがあります。
 
はねだしでもきずのりでも味は同じ、海苔は値段を一度上げたら下げられません。
そのくらいお値段で差があります。
 
「おにぎりにするんですが、どの海苔がいいですか?」とか
「手巻きなんですが…」っというと、それなりの海苔を勧めてくれます。
 
 



 

レジの後ろにずらっと並んだ茶箱。おばあちゃんの家の戸棚みたい…。
ここはお茶と海苔の山安。
家は日本茶を飲まないので買ったことがないが、店の隣に大きな焙煎機があり、焙じ茶を焙じている香りがよくします。
 
 
 
 
山安のり
名古屋市中村区名駅4-15-2
マルナカ食品センター本館