愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
シャリカレーうどん、シャリカレーパン、シャリコーラ@くら寿司

本日はくら寿司にお邪魔しました。


なにせ愛知県に11年も住んでいたのでカレーうどんにはちょいとうるさい私。

きしめん、味噌煮込み、あんかけパスタ、台湾ラーメンと麺類のバリエーションが豊富な愛知県ですが、カレーうどんにもこだわりがあります。


こんな話があるほど麺類食堂はカレーうどんでしのぎを削っていたりします。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8B%A5%E9%AF%B1%E5%AE%B6


そんな私がこんな宣伝を見てしまうとつい…。

http://www.kura-corpo.co.jp/fair/2016_curry_udon.html




とりあえずコンプリートしてみる…。




シャリコーラ。

米の砥ぎ汁みたい…、っと思ったら、奥さんは癖になる味だと申しておりました。




シャリカレーうどん。

う~ん。不味くはないんですが、愛知県の生活が長かったもので、シャリカレーうどんって言われると、ついこんなこんなのを想像していたものですから…。

揚げシャリだけだとちょっと寂しかったですね。




そしてシャリカレーパン。




揚げパンにカレーを挟んだってかんじなんですが。



なんとカレーのなかに米粒がっ!!

このくらいのインパクトがあったほうが面白いですね。

ただなんでしょうねぇ~。回転寿司はやっぱり回転してもらった方がいいんじゃないかと…。

コラボメニューとしてコンビニなんかにおいてあると面白いんでしょうが、寿司屋でカレーパンもないかなぁ~。

一皿100円ではもう客単価を上げるのは限界なのはわかりますが…、話題づくりなんでしょうかね。

企業努力に1票って感じです。

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

市場で日本の朝ご飯(卵かけごはん)@市場食堂(浦和総合流通センター場外、埼玉県さいたま市桜区桜田)

国民の祝日山の日。

私の祝日娘の誕生日。

母子ともに元気で過ごしておりますが、まだ名前が決まっておりません。

やっぱり山にちなんだ名前がよいかしら!?


本題。

本日(20160810水)は埼玉県さいたま市桜区桜田にある市場食堂さんにお邪魔しました。




やはり市場は朝が合いますね。




もっとも市場食堂は浦和総合流通センター場外なんですが。

昨日に引き続き市場食堂に伺います。

http://hal9000se.blog.fc2.com/blog-entry-2506.html





当然狙いはこちら。

日本の朝ご飯。

ずいぶん大きな名前を付けましたね。

ちなみに食券機には日本の朝ご飯というボタンはありません。300円の食券を買ってマスターに声をかけます。




日本の朝ご飯(300円)。

これはすごいですね!大手の卵かけごはんより豪華で安い!!

納豆、焼き海苔、豆腐、漬物、どんぶりご飯に、でっかい麩の入った味噌汁、そして生卵!

まさか小鉢がつくとは思いませんでした。

がつがつっといただき、ごちそうさまでした。




こちら午後からの営業はカラオケ舟歌に変わるためビールサーバーや。




お酒が充実しております。

ボトルキープもできます。




(目次)市場で朝ごはん


市場食堂(舟歌)

048-864-7011

埼玉県さいたま市桜区桜田3-10-21

営業:7:00~15:00(食堂)、15:00~19:00(カラオケ)

定休:日


訪問履歴

日本の朝ご飯(卵かけごはん)

アジ・コロ定食@市場食堂

生姜焼き定食、カキフライトッピング、アジフライ定食@市場食堂


ちなみに最近スマホを片手にモンスターを探しているので、ついを外で食事をとってしまいます。

卵かけごはんのレポートだったので、まとめて紹介いたします。



やまだうどん。




山田うどん朝メニュー。

http://www.yamada-udon.co.jp/menu/food/asatei.html




芝漬けが撮り放題になりましたね。

この店限定かな!?




ご飯は少なめにしてもらっています。このくらいが卵一個には合う気がするのは私だけでしょうか?

これで260円。

朝ごはんにはちょい軟のうどんがいいですね。



さくら水産。


ランチはワンコイン。

http://www.teraken.co.jp/menu/lunch/

ちなみにネットに一週間のランチメニューが書いてありますが、店によって違ったりする…。




カウンターに置かれたごはん、味噌汁、生卵、板海苔、漬物すべて食べ放題。




これでおかず以外は食べ放題ってのはやり過ぎじゃない!?



すき家


すき家朝食メニュー。

http://www.sukiya.jp/menu/in/morning/




やはりこちらが本家ですね。




たまごかけごはん。

小鉢はひじき。

ご飯は少なめにしてもらっています。

こちらもこのくらいが一個の卵には適量かと。




思いがけなく安くなってしまいました。

すきや家の最安値朝食はミニ卵かけごはん190円ですね。



備長扇屋

http://www.via-hd.co.jp/o-giya/business/ohgiya.php


焼き鳥食って、〆のごはん。




これで320円。

天かすがついてきたのは初めてですね。

初めて味わいましたが、かなりジャンクな味になります。



松屋


朝定食。

http://www.matsuyafoods.co.jp/menu/morning/




定番朝定食360円。

選べる小鉢を牛皿にするとミニ牛丼玉子って感じになりますが、やはり安心していただけますね。

牛丼大手の中ではちょっと抜きんでているきがします。



吉野家


朝定食。

https://www.yoshinoya.com/menu/morningset/




卵かけごはんではなく納豆定食ですね。




焼き海苔の下にネギがあるのを気づかずにぱちり。

私納豆に卵を混ぜたくないタイプなので、どんぶりではなく茶碗二つにしてもらいたいですね。



ゆで太郎


朝定食。

http://www.yudetarou.com/menu_morning.html



納豆。

名前は納豆でも生卵、そば付き。

こちらもどんぶりではなく茶碗二つにしてもらいたいですね。

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

卵かけごはんPart.3

さて卵かけごはん最終章である。









本日はやよい軒にお邪魔した。

ランチでご飯、生卵、焼き海苔、お新香のお代わり自由という画期的なシステムを打ち出したお店であるはさくら水産でしたね…。
定食はごはんお代わり自由のやよい軒である。



私、基本お代わりよりも品数を増やしたい方なので、あまり意識をしたことがなかった。

っが、今回は卵かけごはん括りである。行かない訳にはなるまい。っと伺ってみました。











やよい軒の朝食である。

朝食のごはんもお代わり自由の文字が輝いてますね。









さて卵かけごはんであれば、納豆朝食か銀鮭朝食である。

最安値が気になる私は納豆朝食370円を選択。











ファーストインプレッションは、「やりすぎだろっ!」。

納豆にはネギが振り掛けられ、小鉢に豆腐までついている。海苔の枚数も多く、刻んだ沢庵は食べ放題、そしてお変わりは自由。お茶はセルフだが、最初のお水はお姉さんが持ってきてくれる。

大手がこんなことをやったら個人経営は非常に困る。



みんな朝からバカバカお代わりしている。

卵と納豆を混ぜたくない私はお代わり一回にしておいた。

お茶椀が大き目で最初は納豆で平らげて、小盛りのごはんお代わりで卵かけごはんが推奨だ。



昼飯を食いに来るのはちょっと怖い気がする…。











ご馳走様でした。





そしてこちらのレポートに続く訳である。

市場で鳥吸い@鳥藤場内店(築地場内市場) 




鳥藤場内店







ここは市場の食堂ってこともあり、値段設定も違うので比較はできませんね。



それでもまずはご飯になる一品があってこその卵かけごはんだと思う。

そしてご飯には漬物がなければならないと思う。









こちらも市場の卵かけごはん。






京都中央卸売市場香来。













この値段でブランド卵。











やはりメインとなる一品があってこその卵かけごはんである。

こちらはガッツリチャーシューの入ったこってりスープがメインである。

そしてお新香がついている。











そしてすっかり忘れていたこちら。




予備知識。

愛知県では朝11時くらいまでに喫茶店で飲み物を頼むと、「パンはお付けしますか?」なんて聞かれて、無料でトーストに卵がつくモーニングという文化がある。喫茶店の数も多いため、モーニングサービスが熾烈な競争をしており、トーストにゆで卵に小鉢といったところがまあ一般的なのだが、おにぎりやサンドウィッチなんか出す店もある。24時間モーニングサービスなんて訳の分からなくなってしまったお店もあるくらいだ。

一度「モーニングはパンにしますか?おにぎりにしますか?寿司にしますか?」ってのが私の中では一番のヒットであった。当然寿司をお願いしたのだが、いなり寿司が2つ出てきた。味噌汁とところ天も一緒に出てきたと思う。



最近全国展開している愛知県発祥の喫茶店コ○ダにそっくりな金シャチ珈琲。











そしてこちらのモーニング”サービス”は種類が多い。

そして人間は変わらないもので、卵かけごはんを”面白い!”っと思ったらしく。







ご飯が多すぎて困ったのを覚えている…。





しばらく卵かけごはんを食べ歩いてきたのだが、結論は…。

”あんまり外で食べるもんじゃねぇな!?”って感じである。

好みの味にするには、大前提のコメの旨さと炊き具合、そして量が物を言う気がする。

私はご飯少な目、卵多めが好きなので、特にサービスがよく盛りが多い店ではこのみの卵かけごはんは味わえないといったところである。

そして…、やっぱりメインとなる一品があってこその卵かけごはんじゃないかなと思う。うどん、そば定食のライスに生卵がつく、もつ煮や豚汁定食に卵がつく、美味しいお新香に卵がつく。

ちょっとおかずが一品欲しいなって所で卵。ご飯とおかずを融合させるために卵がつくってのが正しい卵かけごはんなのかなと思ってしまった…。



結論。

卵かけごはんは好き。でも卵かけごはんだけは嫌。って感じで卵かけごはんのレポートを閉じたいと思います。



3度も目にしてい待った方にお悔やみ申し上げます。

ごめんなさい。





卵かけごはんPart.1





卵かけごはんPart.2
さて卵かけごはんPart.2である。
また目に止まってしまった方にはお悔やみ申し上げます。




あまり関東では馴染みのないなか卯である。
初めて出会ったのは大阪だったと思う。
上品な味付けで、ジャンクな雰囲気がなかったのを覚えている。
その後東海に移り住み何度か伺っていたのであるが、牛丼屋という認識ではなくうどん屋という認識であった。







こちらでは「こだわり卵朝定食230円」である。









ご飯の量もちょっと多いかな!?っと思ったくらいで、美味しくいただけた。
味噌汁も一般的な牛丼屋の味噌汁より高級感があり、朝食として良くできていると思う。
もう何枚か海苔が欲しいのと漬物があれば最高なのに!っと贅沢は言いたいところであるが、この値段の朝食としてはかなり良い出来だと思う。卵かけごはん括りで言うと一番好きである。



やはりなか卯って三代チェーンとは方向性が違うと思う。








ごちそうさまでした。










お次はゆで太郎。
実は今回が初めての訪問。
かなりいい蕎麦を出すとは聞いていたのだが、近所になかったのと場末の蕎麦屋のラーメンや冷やしたぬきにはまっていたせいで手が回らなかったのだ。







納豆360円。
表記は納豆であるがごはん、卵、納豆にたぬき蕎麦まで付いてくるので卵かけごはん成立。
この自分で作ったルール、卵かけごはん縛りがなかったら間違いなく朝蕎麦を頼んでいたと思う。










白いネギが付いてきてご機嫌さん。
もっとも月見蕎麦にして納豆ご飯ってのが王道っぽいんだが、食べ方は自由である。
注文してから鍋に蕎麦をにゅるっと出す茹で上げ。蕎麦を味合うならやっぱりざるですね。具が多いとそちらに気が回ってしまいますね。
もっとも冷やしたぬきにはまっている理由はそれなんだが…。



それでもやっぱり卵用と納豆用の二膳ほしいところである。何が何でも納豆と卵は混ぜたくないタイプである…。














ごちそうさまでした。













最後はやまだうどん。

埼玉県人が愛やまないソウルフードというが…。私は未だに”だうどん”の呼称には賛同できない。私の世代では”やまだのかかし”と呼んでいた。

もっとも給食のソフト麺が地域限定の一品なら、ソフト麺を作っていた山田うどんがソウルフードというのはやぶさかではない。



ちなみに看板にうどん”そば”って書いてあるとは画像を確認するまで知らなかった…。


山田うどんを名乗るくらいならうどん&"パンチ"って書いた方がピンと来るんじゃないかと…。







そして山田うどんの朝食。
最近山田うどんに列んでいる方を良く見かけますが…、山田うどんは列んでまで食べるものではありません。車でサッと入り、サクッと食べ、スっと帰るもんである。
ちなみにこの日はパンチで朝酒をしている方が結構いた。
羨ましい限りであった。







このラインナップを玉子かけごはんって言っていいのか?
玉子かけごはん260円。



 



1日に 30品目とれば健康的な食事になるんだっけ!?
今回は米、玉子、うどんは小麦か?、柴漬けはきゅうりと紫蘇で2品目でいいかな!?ワカメにネギに七味。おっと七味は 「とん、とん、とん、とん、とんがらし、ぴりりと辛いは山椒の粉、すいすい辛いは胡椒の粉、芥子の粉、陳皮の粉」なんて言うから7種類か?
まあ10種類以上朝食だけで取ってれば悪くないだろう。
山田うどんはもともと学校給食のソフト麺なんだから体に悪いはずないでしょ!?


このわずかながらの漬物が私の琴線を震わせます。

















ごちそうさまでした。



ちなみに卵かけごはんを食べ歩いて、一番満足度が高かったのはこちらである。

もともと埼玉県民なもので…、しょうがないと思ってください。

ちなみにパンチセットに生卵をつけるのが私の山田うどんにおける最高のメニューである。
山田うどん赤堀店@群馬県伊勢崎市赤堀今井町



2回目にしてすでに飽きて来たってのと、この時間はすでに酔いが回っているってことで、こんな感じになりました。
もしかしたら明日書き換えるかもしれません…。ご指導、ご指摘は甘んじて受けさせていただきます。遠慮なくコメントください。
ホントお付き合い頂いた方にお悔やみ申し上げます。

ちなみにPart.3で最後になる!っと思う…。





































































卵かけごはんPart.1

最近卵かけごはんにはまっている。

外食における卵かけごはんってのは旅館の朝食しか知らなかった私…

もっともドライブインなどでモツ煮定食なんか頼むと生卵が付いて来るのは知っていたのだが、わざわざ朝食を取るため外に出て卵かけごはんってのは聞いたことも見たこともなかった。

実は私、外食産業の値下げ合戦にはあまり良い印象を抱いていない。一時の値下げは嬉しいが、全体の値下げは明るい未来を企業にも消費者にももたらさないんじゃないかと思っているのだ。

ファストフードの値下げ合戦は円安とともに落ち着いてきたようだが、未だにロードサイドには牛丼一杯◯◯◯円とか、ハンバーガー△△△円とか、まるでガソリンの値段のようになってしまったのは変わりがない。
食事は色んな楽しみ方があるからいいんですけど…、給油するようでなんだか味気ないなぁなんて思ってしまう…。

昼食産業は飽和状態、国家戦略の円安、企業の拡大路線は続き、今まで対象ではなかった客層の取り込み、昼食以外の食事を取り込み、値段をより安く。


そんな中で出てきたのが卵かけごはんである。
賛否両論あるのはわかりますが、「面白い!」と思ってしまった私…。

ポリシーもなく、前記の考察などうっちゃって、朝食最安値を探したりいたします…。

もっとも一大センセーショナルを生んだ卵かけご飯はもう遠の昔になっているんですけどね。


まあそんな感じで始めてしまいました。

まずは牛丼三大チェーンから♪




何を言ってもやはりここから。
すき家さんである。


私にとって牛丼チェーンでもっとも行かないお店である。
どうもカレーの匂いが気になるのだ…。家に帰ってカレーの匂いがすると落ち着く気がするが、外食に行ってカレーの匂いがするとカレー択一なってしまう。蕎麦屋に行っても隣の奴がカレーうどんを食べているとついカレーうどんを頼んでしまう、あれである。

私が好きだった牛丼は、とりあえず座って大きさだけ選び、卵か味噌汁を付け、財布に余裕があったらお新香でも取ろうかな!?なんて牛丼で、サイズバリエーションもメニューも豊富なお店にはあまり行かないってのが主な理由だ。

サイズバリエーションがあり、メインもサイドメニューも豊富。さらにトッピングまで考えたりするくらいなら牛丼屋には行かないのである。









しかしこちらが発祥の店。
行かねばなるまい。










201509現在220円。


卵かけごはんにしては、ご飯が多いかな!?これが嬉しいと思えない私…。量より質って訳でもないのだが、量のサービスは確実に私の横幅を増やすのである。

紅ショウガがあるとは言えお新香の一切れはひじきを減らしても欲しいものである。


卵ごはんをお願いした時店員さんが不思議そうな顔をしているってことは、時間が間違っていたか、やっぱりそうメジャーにはなっていないようである。




ごちそうさまでした。


すき家さんは色々あって、未だにこんな営業時間の店が多いですね。
開店10時で提供時間が10:30までとなると結構レアメニューである。


お次は私が愛して止まなかった吉野家である。
田舎育ちの私にとって外食というのは特別な行事で、家族と一緒にするものだと思っていた。
ラーメンや蕎麦も食べてはいたが、「店屋物でも」って時に出前を頼んでしまうので、家族揃って外食って時はもうちょっとお高いものだった。
その頃安い食堂って男の世界で、子供が入るって結構勇気がいったような…。

そんな時現れた「やったねパパ明日はホームランだ!」じゃなかったかな…、「牛丼一筋八十年~♪」だったかな。
カウンターに座って「並」というだけで食べられた吉野家。カウンターってのも、丼をかき込むってのも、生卵をぶっかけるのもびっくりした覚えがある。
「つゆだく」って言葉が流行するまでは本当にお世話になりました。やはり牛丼は「大盛りねぎだくギョク」になるだろう(笑
ちなみに私は「並玉」でお新香を取るタイプである。出来ればつゆは少なめにしてほしいが…。

今や牛丼は国民食。吉野家もメニューバリエーションが多く女子供も朝昼晩と楽しめるお店になりましたね。
閑話休題…。


吉野家の朝ごはんである。

http://www.yoshinoya.com/menu/morningset/
朝食メニューの下にお子様メニューがあるってのは、幅広い客層を受け入れる良い店!?の証。
ここは一発最安値の豆腐ぶっかけ!?はたまた白飯に卵、味噌汁を単品注文してオリジナルの卵かけご飯!?ってところなのだろうが…、気の弱い私は…。





卵かけごはんが味わえる納豆定食360円をお願いする。


出来ればごはんを少なめにして二膳いただきたいところだ。納豆も卵もご飯に載っけるが、卵と納豆は混ぜたくないタイプである。
ネギが付いているのがいいですね。やっぱり納豆にはネギとカラシが必要である。贅沢を言えばネギは白くなければならない深谷ネギ産地近くに生まれた業である。
しっかし、この丼は吉野家に来た気がしない…、この辺は吉野家の牛丼屋としての意地なのだろうか!?


ごちそうさまでした。





松屋看板画像[後ほど]




しんがりは松家である。
出会ったのは四半世紀前だった。浪人といえばまだ聞こえがいいプータロー時代の大宮駅である。

その頃から味噌汁が付いていたので驚いた覚えがあるが、その頃はあまりにも若く食事に汁物を必要としていなかったためあまりありがたいと思わなかった。どっちかというと熱い汁物より、冷たい水を体が欲していた。味付けも生姜も安っぽい気がして、やはり牛丼は吉野家しかないとあまり気に留めなかった。


時が経ち一人暮らしも堂に行ったものになった頃朝食に食べたいものが出来た。
目玉焼きである。

今なら市場や大衆食堂あたりに駆け込むのだが、そんな知識も経験もなかったので、デニーズのモーニングか松屋のソーセージエッグしか食べるすべはなかった。かなり満足な朝食だったためかなり通ったのだが、愛知に移住し、知らない土地でも日常生活を保つために松屋に行ったところ味噌汁ではなく”地域限定サービス赤だし”だったので、足が遠のいた…。


そして更に年を重ね食事には汁物が欲しい年になり、埼玉に移住した。

牛丼戦争によって牛丼屋はブラッシュアップされ、画一化が進んでいた。3大チェーンはメニュー数も味も横並びになった。

そして…、吉野家一筋だった私も「松屋も良いかも。」っと思い始めた。


っが、あの丼だけは未だに慣れない。あれはかき込む丼ではない気がするのは私だけなのだろうか!?




さて松屋の朝食だが、こちらも卵かけごはんはない。


卵かけごはんがこちらのレポートの中心なので、定番朝定食をお願いする。
小鉢がとろろ、牛皿、納豆、冷奴から選べる。
このサービスも私は好きになれない…。
朝から悩ませるな!複雑なことを考えさせるな!って思う人は少ないのだろうか…。





定番朝定食360円。
松屋の朝食はもともと好きだが、やっぱり他の店とは頭一つ抜けているって気がする。
っが、選べる小鉢を牛皿にしたのは失敗だった。
なんか肉少なめの牛丼に卵をかけたって感じがしてしまった…。
やはりここは納豆にして、二膳にしたいものだ。(どうしても納豆と卵を分けて食べたい私…。)


ごちそうさまでした。

外食における卵かけごはんが主題なんだが、なんだか私の牛丼チェーンに対する思い入れになってしまった…。
もっともこちらのブログはもともと偏見と思い入れとかなりの勘違いで構成されている。目にした方にはホント申し訳ないとしか言いようがない。
お悔やみ申しあげます。
ちなみタイトルにPart.1となっているからいには次があるので同じ悲しみを味合わないためには注意が必要である。