愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
天つま@かきつばた1,2番ホーム(JR名古屋駅)

う~ん、名古屋の記事が続くなぁ~っと思っていたら、実は愛知県に引っ越しまして、これから当然の理として愛知県は名古屋市の記事がまた多くなりますが、長いお付き合いをよろしくお願い致します。


もっともしばらく埼玉県民だった頃のお話がしばらく続きます。




引っ越しやら娘の小学校の説明会やらで愛知県へ!

帰りは当然新幹線を1、2本遅らせてかきつばたさんへ。




既にいつものごとくって感じですが…。

「天つまお願いできますか?」っと聞くと快諾していただきました。

それじゃ甘えついで(かきつばたさんのメニューには天つまは無く、お姉さんのお手すきの時しかやれないって噂でして…)にと「玉子落としてください!」っと畳みかけると、「玉子は先?後?」っと聞き返されるので、「美味しいほうで!」っと答えてみる。「いや、玉子入れてからちょっと温めると美味しいからさ。」、なんて言われてしまうとあーもうーもなく「じゃ、それで!」っと交渉が成立いたしました。




そして新幹線を遅らせた代償がこちら。



てんぷらに出汁をかけ玉子を落としレンジでチン。刻みネギをどっさりかけてさあどうぞ!

う~ん、旨い!何せメニューに載ってない代物。お姉さんが変わればレシピも変わります。

私はこのお姉さんと合う!次回は指名しよう。なんてキャバクラみたいなことを考えたりしつつ、ご馳走様でした。

次回は指名したいと思います。指名料はいくらなんだろう!?などとくだらないことを考えながら新幹線で埼玉に帰りました。




訪問履歴

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

きしめん@かきつばた1,2番ホーム

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

きしめん@グルめん16、17番線ホーム東京方面(JR東海名古屋駅)

本日はJR名古屋駅16,17番線ホーム東京よりにあるグルめんさんにお邪魔しました。


名古屋めしの一つにきしめんがあるのは周知の事実だと思う!?そして何故だか「名古屋駅の新幹線のホームのきしめんが一番うまい!」ってのが定説になっている。

そんな訳だか、名古屋の新幹線の登りホームにも下りホームにも二軒づつ立ち食いきしめん屋さんがある。

両ホームとも東京方面にグルめん、大阪ホームに住よしが入っているのだが、両方とも経営は同じで、制服も同じジャパントラベルサーヴィスである。

東京方面と名古屋方面では味付けを変えているって噂は聞いたことがあるが、私が食べた限り定かではない…。


そんな訳で本日は下り線、16番、17番ホームのグルめんさんにお邪魔しました。




食券制でスイカも使えます。

店外にも店内にも食券機があります。




とりあえずきしめん。

サービス過剰の愛知県はきしめんをお願いすると、油揚げにねぎ、花かつおがどっさりかかってきます。




安定の住よしのきしめん。

駅のホームで名物がアツアツで食べられるんだから文句はないんですが、これが名古屋で一番うまいきしめんだと言われると異議ありです。



ジャパントラベルサーヴィスのHPもまだ変更されていませんが、16、17番線ホーム東京方面はグルめんさんになっております。

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

天つま@かきつばた1,2番ホーム(JR名古屋駅)

さて千種駅の住よしさんでは湯豆腐で一杯と軽く済ませたのは訳がありまして…。

湯豆腐@千種駅住よし




名古屋駅の新幹線の待ち時間に…、って新幹線も待つほどの時間は無いんですが…、1,2本遅らせるつもりで…、1,2番線ホームに向かいます。




なぜなら名古屋駅唯一無二のかきつばたさんがあるからです。

昼酒真っ最中の諸先輩方に一礼し、お姉さんのお手すきを狙って”天つま”をお願いする。

なにせかきつばたさんは居酒屋メニューがたくさんありますが、天つまはメニューに載ってないんですよね。

断られたことはないんですが、あまり忙しい時は断られるって噂です。




駅構内の立ち食い蕎麦梯子中のメインディッシュ。

天つま卵落としに熱燗。




なにせメニューにないもんでお姉さんの色合いがでますね。

本日はつゆにネギが多いかな!?

ゆっくり衣につゆを沁みこませいただきます。つゆを吸いまくってもろもろになった頃卵を崩しバージョン2の始まり。

ずずっと啜ってご馳走様でした。。



ちなみにこちらは名古屋ではあまりなじみのないホッピーもあります。



訪問履歴

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

天つま@かきつばた1,2番ホーム

きしめん@かきつばた1,2番ホーム


かきつばた
052-581-1235
営業時間7:00~21:30 

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

湯豆腐@千種駅住よし

本日は愛知県は名古屋市、千種駅ホームにある住よしさんにお邪魔しました。


愛知県千種区といえば文教区…、日本で唯一仏舎利を納めたお寺があったり、動物園があったりするんですが、大人が遊ぶところも多々あるのが名古屋らしいところ…。

https://wiki.chakuriki.net/index.php/%E5%90%8D%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E5%B8%82/%E5%8D%83%E7%A8%AE%E5%8C%BA




そんな千種駅のホームに私が降り立つ理由は住よしさんがあるからである。




食券制ですね。




とりあえず昼酒のコーナーのアップ。

おでんは何があるのかな!?×がついているのは昼は提供してくれないのかな!?




食券を購入し店内へ。カウンターに食券を置き温かい冷たいを伝えしばし待ちます。

ちなみに閑散期は名古屋側のカウンターは使用しておりません。

未使用のカウンターに食券を置いてしばらくボーっとしていたのは内緒だ。




本日は湯豆腐に熱燗にしました。




パックの豆腐を温め、ネギにカツオをどっさりかけ生姜を載せ、出汁をかけたら出来上がり。

上等なつまみですな。

食券には「豆腐(温・冷)」と書いてあるので、「温かい豆腐ください。」っとお願いしたら、「湯豆腐ね!」っと言われたのも内緒だ。




おでんの種類は店内に掲げられておりました。



ご馳走様!っとお店を出ていくときに見かけた短冊。

夜はかなり優秀な居酒屋さんですね。

次回は夜お邪魔しよう。


テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

モツ煮(パンチ)、天ぷら三種、カレー牛丼@山田うどん

本日は山田うどんにお邪魔しました。

http://www.yamada-udon.co.jp/index.html


埼玉県民にとってはど~ってことはない山田うどんですが、ここ十年で埼玉のソウルフードとして全国に名をはせています。

昭和の頃は、ロードサイドにあり、大型の駐車場がある店が多かったので、当然お客さんはトラックか、タクシーの運転手のみって感じで、ちょっと子供が入るのが怖いようなお店だったんですけどね。


っが、平成も終わろうかという昨今、時代も変わり、お店も変わり、土日の昼時などファミリーで山田うどんって方も多いらしく伺うと満席のこともしばしば。
正直待ってまで食べるってもんでもない気が…、って訳で敬遠しておりました。
本日は顔を出すと座敷が空いていたのですかさずファミリーで入ってしまいました…。

RLRでも本店でもないんですが…、今回は特別編ってことで。

ちなみに山田うどん本店のレポートはこちら。




さて何の変哲もない山田うどんである。




お子様セットを頼む家人を傍目にお父さんは昼酒のつまみを考える。




もう一品メニューはおかずの為だろうか?昼呑みの為だろうか?




とりあえず熱燗にパンチ!

このパンチ(モツ煮)はシナチクも入った上等な一品。




天ぷら3種はお子様にも人気と謳っていたが、ゴボウにサツマイモ、チクワの天ぷら。

ゴボウは果たして子供が食べるのだろうか!?


最近も最近になってテーブルに置かれたフリーの柴漬けなどをアテにもう一本飲んでいると家人たちはご馳走様。

普段はここで試合終了なんですが…。




土日限定でこんなメニューを見つけてしまい。




つい単品でお願いしてしまいました。

今は亡き築地大森の合がけを彷彿させますね。

https://search.yahoo.co.jp/image/search;_ylt=A2RinFOr3J1a6k0ArxaU3uV7?p=%E7%AF%89%E5%9C%B0+%E5%A4%A7%E6%A3%AE+%E5%90%88%E3%81%8C%E3%81%91&aq=-1&oq=&ei=UTF-8

実は私の築地訪問の原体験は大森の合がけである。

10年も前になるんでしょうか?テレビで梅宮辰夫が食べているのを見て是非食べたいと思ったんですよね。

まさかそのころは築地場内をほっつき歩くようになるとは思ってもみませんでしたが…。


大森は閉店されましたが、吉野家、すき家で似たようなメニューはいただけるんですよね。

でもねぇ~。って感じで10年ほど私の思い出箱にしまっておいたメニューなんです。

っが、山田うどんで提供するなら敵にとって不足はないってことでお願いしてしまいました。


単品でお願いしたらスープがついてきました。

こんな心遣いが嬉しく、封印を解いたことを後悔させません。



大森さんとはだいぶビジュアルも違いますし、付け合せも違うんですが、原体験を思い出します。

味は覚えていないので、「こんな感じだったけなぁ~!?」っと切なく思っているうちに完食。

ご馳走様でした。

昭和は遠くになりにけりですなぁ~。


(目次)天抜き!?天つま!?天吸い!?


山田うどん

http://www.yamada-udon.co.jp/index.html


テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ