愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
幸楽@埼玉県朝霞市溝沼

本日は埼玉県朝霞市溝沼にある幸楽さんにお邪魔しました。
こちらのお店も実に8度目の訪問。
ちなみにレポートしたのは7度目である。




雨の日の訪問。

外観写真はどうかと思ったんですが、雨宿りってのも最近しない訳で、こんな画像も悪くないかなと載せておきます。




ランチタイムちょっと前。おそらく常連さんの座る小上りの一番奥に陣取ります。




灰皿にスポーツ新聞で準備完了。

ちょいと悩んで注文を済ませます。




本日はこんな感じの昼飯となりました。

「カツ丼ください!それとラーメンもください。」っとお願いすると、奥さんがちょっと驚いた感じでオーダーを通してくれました。

店も客も齢を重ね食が細くなった方が多いのかしらん!?




カツ丼。

こちらの玉子丼は結構ハードな味付けだったので、昭和の労働者を支えた濃い目の味付けかと思ってお願いしたんですが、思いのほか優しい味付け。ご飯の量も適量でしたね。




カツを揚げる音を聞きながらちょっと待つってのも乙なもんです。

ラーメン担当の奥さんに、「もう上がるか?」なんてやりとりも、熱いものは熱いうちに、出来たてを食べさせたいってサービスの現れ。

カリッとした衣に、ふわっとした玉子、土台を支えるちょいと濃い目の割り下で煮込まれた玉ねぎ。

かつ丼ってのはこうじゃなきゃいけません。

揚げたてのカツにスクランブルエッグを載せたようなものは、かつ丼って名前を使っていただきたくないですな。

これだけ完璧なかつ丼に対峙させていただいたのならば、それなりの作法でいただくのが筋ってもの。

カツが5切れなら、6口くらいでいただく。とにかく掻き込むのがマナーである。ショートカクテルは3口、かつ丼は6口が作法ってもんです。

がつがつっと作法通りに頂かなきゃ申し訳がありません。




お新香2種類も贅沢なもんです。

淡い味の白菜が良い口休めですな。

沢庵はどんぶりを綺麗にするために使用する。




相変わらずスープの旨いラーメン。

きっとかつ丼だけお願いしたら中華スープがつくんだろうが、中華スープとラーメンのスープでは味が違うので困ってしまう。ラーメンの抜き(麺抜き)なら同じような味が出るんだろうが、そこまでの我儘は言えない通りすがりの客の私…。


かつ丼を頬張り、ラーメンをすすり、ショートカクテルと同様3分以内で胃袋に収めます。


満腹満足でササっとお店を出ます。

ご馳走様でした。



ラーメンの提灯に嘘偽りなし。

黒でおそろいのTシャツを着ているラーメン屋が苦手な私にとって最高のラーメン屋さんである。

またお願いします。


幸楽
048-461-7383

埼玉県朝霞市溝沼1-2-20
営業:11~15、17~20:30
定休:水


訪問履歴

かつ丼、ラーメン

チャーハンセット

チャーシューワンタンメン

卵丼セット

麻婆豆腐セット

チャーハンセット

焼肉定食、餃子セット

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

大野家@埼玉県さいたま市南区沼影

本日は埼玉県さいたま市南区沼影にある大野家さんにお邪魔しました。


定型文

現在ブログの整理をしております。

なぜか公開せずに眠っていたエントリーを呼び起こしていたりしますので、ご注意ください。

取り扱っている題材が題材だけに、もしかしたら存在しないものも…。

訪問の際はご確認ください。



さいたま市には

浦和~、南浦和~、北浦和~、東~浦和~、西浦和~、武蔵~浦和~、中浦和~、浦和は7つの駅があるっ♪っと歌われた浦和駅であるが、2017年現在は浦和美園駅があり、現在8つある。

そのややこしい浦和駅ですが、西浦和から武蔵浦和に続く道を田島通りと言いまして、西浦和と南浦和の真ん中くらいにあるのが、このホーライ大野家さんである。

上記も定型文になっておりますな…。




関東風暖簾がいいですな。




店内こんな感じ。

蕎麦屋、定食屋と区別するなら、アジフライ定食があるかないかが一つの区切りになっている気がする私。




とりあえず熱燗に枝豆。




肉じゃがも追加いたしました。




関東で味噌田楽と言ったらコンニャクのおでん。

こちらの店はメニューに味噌田楽とあり、おでんはないんですが、おそらく「おでん頂戴!」っと言えば、こちらの味噌田楽が出てくると思います。

赤みそ文化の名古屋出身のおくさんは大変驚いておりました。

ちなみに関東もんの私も初めて愛知のセブンイレブンでおでんを買ったら、「味噌つけますか?」っと言われ大変困惑した覚えがある。




子供にもりと生姜焼き丼セット。




まあ所謂一般的な蕎麦ですな。

癖がなく子供が食べる食べる。




生姜焼き丼はキャベツにマヨネーズ!?

ちょいと愛知県テイストですね。

食欲をそそることは間違いないんですが。




〆にラーメン。

具はかまぼこチャーシューゆで卵にさやいんげん。




蕎麦屋のラーメンってなぜにうまいんでしょうね。

シンプルながらも味わいがあります。


ご馳走様でした。



以下メニューとなります。




大野家
048-863-0932
埼玉県さいたま市南区沼影1-29-1
営業
定休

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

お多幸浦和店@埼玉県さいたま市浦和区仲町

本日は、埼玉県さいたま市浦和区仲町にあるお多幸浦和店にお邪魔しました。


浦和~、南浦和~、北浦和~、東~浦和~、西浦和~、武蔵~浦和~、中浦和~、浦和は7つの駅があるっ♪っと歌われた浦和駅であるが、2017年現在は浦和美園駅があり、現在8つある。

っと、前回のぎんねこさんのエントリーに続いて浦和のお店連投である。




結局何もない埼玉で、何かあるのは現浦和区なんですよね。

聖地巡礼でもなく、RLRってのもどうかと思いますが、とりあえず忘備録のために。




本日はお昼時にお邪魔しました。

浦和駅前でこの値段ってのは素晴らしいですね。




お多幸って言えばおでんなんですが、一品料理も充実していて、晩酌にもいいんですよね。




ランチタイムに女房子供を連れて行ってしまいましたが、威勢のいいお姉さんは笑顔で迎え入れてくれます。




なにも子連れでランチ戦争に参加しなくてもいいのにとお思いでしょうが、豆腐茶飯定食はランチでしかやってないんですよね。

焼き魚は赤魚。刺身はマグロに、タイに、カンパチだったかな!?丼物は漬けマグロ。



ランチタイムはおでん種も絞られています。


人間ドッグ帰りだったので、バリュウムを洗い流すためビールをいただいたんですが…。

慌てていたらしく画像がない…。





私は当然豆腐茶飯定食。

母親が白米至上主義だったので、実家ではおでんの時も白米だったのだが、おでんと言ったら茶飯ですよね。関東の方は「おでんはおかずにならない。」って方が多いのが、茶飯がつく理由なんですかね!?

私の小さいころ(40年くらい前)は、おでんは駄菓子屋さんの一角にあり、おやつの部類でしたね。夕飯のおかずだか、親父のおつまみだったのか、定かではないですが、鍋をもって買いに行った覚えもありますね。

多分に漏れず、私もおでんはおかずにならないタイプでして、おでんはおでんで食べて、ご飯は味噌汁と香の物で食べていた覚えがあります。

もっとも次の日あたりはアツ飯に玉子をのっけて、つゆをぶっかけ、かきこんだりしていたんですがね。




そしてそのぶっかけ飯の際たるものが、とうめしである。

汁の沁みこんだ豆腐を茶飯の上に乗っけるなんて!何たる不作法!!

さらにかき混ぜたり、おでんの汁をかけるなんて、マナーとして認められません!!


っが、これがまた旨い!!!

汁の沁みた豆腐とご飯って美味しいんですよね。

今は無き、築地場内のかとうのとうめしが脳裏をよぎります。

あのころはお多幸の真似をしてたんだよなぁ~。しみじみ。

市場で地金目鯛煮付け定食@かとう(築地場内市場)


1歳児と奪い合いむさぼります。




こちらお多幸さんは、おでんだけではなく一品料理も美味しい訳でして。

サワラの粕漬けも美味しい。

やはり飯にはおかずが必要である。




さらに小鉢がついて。




香の物はもうちょっとあったほうがいいかな!?お新香を追加しようかなと悩んでしまいました。




そして飯には味噌汁が無ければいけません。

ちなみに具は水菜に油揚げに豆腐だった。

豆腐ってのは本当に美味しいですな!




奥さんは刺身定食。

子供とシェアするためにご飯は無料の大盛り。




おでんは単品注文します。

私は食べないが、奥さんが好きなこんにゃくが上品ですね。

豆腐をご飯に乗っけて売っている店とは思えない上品さがありますね!?


今は無き佃権さんを思い出して、またしみじみしたりします。

市場のおでん@佃権




おでんと言えば熱燗ですよ!



大根がめちゃめちゃ旨くて追加注文したんですが、見るからに煮込み方が違いますね。

好みの問題なんでしょうが、私なべ底大根が好きですね。

なべ底大根が好きで、天つまが好きで、とうめしが好きで…、私はつゆを楽しめればいいのかもしれませんね。

ごちそうさまでした。


お多幸 浦和店
048-831-7757
埼玉県さいたま市浦和区仲町1-5-1
営業:11:30~14:00,17:00~24:00
定休:無

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

ぎんねこ@埼玉県さいたま市浦和区仲町

本日は埼玉県さいたま市浦和区仲町にあるぎんねこさんにお邪魔しました。


浦和~、南浦和~、北浦和~、東~浦和~、西浦和~、武蔵~浦和~、中浦和~、浦和は7つの駅があるっ♪っと歌われた浦和駅であるが、2017年現在は浦和美園駅があり、現在8つある。


もっとも浦和といえば、元浦和市のことであって、県庁所在地・教育都市のここのことである。




そんな浦和にあるぎんねこさん。

二回目の訪問になります。




前回訪問時に絶対カツカレーの頭で一杯行きたいと思ってしまったので、本日は運転手(奥さん)連れでお邪魔することに。

子供もいるのでランチタイムは外し11時30分って所です。




とりあえずビールをお願いして、お姉さんに注文。

「カツカレーのごはん無しってのはできるかね?」

「ちょっと待っててくださいね。」っと厨房に声をかけ、「大丈夫です。」っとややこしい注文を受けていただけました。




待つこともなく登場。

ルーを一口、ビールで流し込む。

あれっ!?前回より美味しい気がする。

ブレがある店なのかな!?

これは複数訪問しなければなりませんね。




揚げ置きのカツにあっつあつのカレー。

カツの厚さが絶妙ですね。

カツカレーと言わず、カツにカレーソースにかけた一品って感じです。

ビールが進みますな。




奥さんに鍋焼きうどん。

かなり豪華な具ですなぁ。

ナルトに麩が素敵なんですが、愛知県民の奥さんは、何の感慨もなかった模様。




私の〆はラーメン。

チャーシューにナルト、技のしてあるシナチクに海苔に”ほうれん草”。

これこそ昭和の時代、店屋物として取ったラーメンである。




ゆで加減は上々。

私は少し柔めのほうがよかったかな!?って思うほどでした。

結構な脂で、あっちっちのはふはふでいただきました。



熱いものは熱いうちに、冷たいものは冷たいうちに、当たり前のことが当たり前に行われているお店。残しておきたいものである。


ご馳走様でした。


訪問履歴

冷やしタヌキ小カレーセット


ぎんねこ
048-822-4751 
埼玉県さいたま市浦和区仲町2-13-17
営業:10:30〜14:00
定休:土日

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

とんかつホーライ@埼玉県さいたま市南区四谷

本日は埼玉県さいたま市南区四谷にあるとんかつホーライさんにお邪魔しました。


定型文

現在ブログの整理をしております。

なぜか公開せずに眠っていたエントリーを呼び起こしていたりしますので、ご注意ください。

取り扱っている題材が題材だけに、もしかしたら存在しないものも…。

訪問の際はご確認ください。



さいたま市には

浦和~、南浦和~、北浦和~、東~浦和~、西浦和~、武蔵~浦和~、中浦和~、浦和は7つの駅があるっ♪っと歌われた浦和駅であるが、2017年現在は浦和美園駅があり、現在8つある。

そのややこしい浦和駅ですが、西浦和から武蔵浦和に続く道を田島通りと言いまして、西浦和と南浦和の真ん中くらいにあるのが、このホーライさんである。




今思えば去年の丑の日くらいに伺った気が…。

ランチにうな重がありますね。




そんな訳でレギュラーメニューはとんかつ屋のものですね。




店内カウンターのみ!?

今思えば奥座敷があったかもしれない…。




ご飯お代わり無料なんですね。

ちょいと悩んだ結果。




奥さんにロースカツ定食。



スパゲッティーが載ってるのが嬉しいですね。

結構ディープフライですが、美味しいですな。





私は豚バラ生姜焼き定食。

今思えば生姜焼きにはまっていた時期だったかしらん!?




もやしで嵩を増してあるのも嬉しいサービス。


個人経営のとんかつ屋さんも少なくなってきた今。

末永く続けていってもらいたいものである。


ご馳走様でした。



以下メニューとなります。





とんかつホーライ
048-863-5098
埼玉県さいたま市南区四谷1-6-1
営業
定休

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ