愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
銀座ライオン銀座七丁目店@東京都中央区銀座

本日は東京都中央区銀座にある銀座ライオン銀座七丁目店さんにお邪魔しました。

http://www.ginzalion.jp/top.html


って言っても5月あたりのお話し…。

こちらのブログは訪問日時と掲載日時が大きく大きく異なっております。

訪問の際は必ずまともな情報を確認してください。


実はこちらのブログを見て思い出した次第であります。




日曜の銀ブラ。もっともブラジルコーヒーは飲んでませんが…。

銀ブラ(wikipedia)




当然ここはビヤホール狙いな訳なんですが、昼から大混の大人気店。

待ちの長い列ができていました。




4歳児連れでビヤホールの列に並ぶってのもいかがなもんか!?と、ちょいと悩んでいると店員さんが、2階のレストランは待ちなしですよ!と声をかけてくれる。

アンパンマンを食べると言い出す娘には勝てず、2階のレストランへ。

まあ同じ建物だから聖地巡礼シリーズでいいかな!?




二階に上がると腹話術の人形がお出迎え。




歴史などを読みつつしばし待ち。




席に案内されます。

流石老舗って感じの接待ですね。




厨房が覗けるってのもいいですね。




何をいってもとりあえずビール。




子供は願い通りのお子様ランチのアンパンマン。

大人が食べても満足いく味でした。

お父さんのつまみにもう一つおい願いしようか悩むくらいです。




奥さんにはホリデープレート。

写真で伝わるでしょうか!?でかいんです!!

大人様ランチですね。

デミグラスソースの美味しいこと!!




私のつまみはローストビーフ。

実は私ローストビーフがあまり得意ではない。

ホテルで食事をするときにいかにもなやつを食べるのであるが…、これホントにうまいかぁ~!?なんて思っているタイプなんですが…。

こちらのローストビーフは脂も厚さも好みの感じで美味い!流石老舗と思ってしまいました。もしかしたら私の味覚が昭和なのかも知れませんが…。




とりあえず食事を済ませた家族をしり目にいろいろビールを飲みました。




正直ビールは一杯目が一番うまいかな!?って思うくらいの味覚の持ち主な私…。

いろいろ試すのは好きなんですが、味の違いは判りませんでした。

ともあれビヤホール狙いで伺いましたが、レストランに来てよかったかな!?なんて思えるいい店でした。

ごちそうさま!




中二階というか踊り場に喫煙所があるってのもノスタルジックな感じですね。

BEER&WINE GRILL銀座ライオン 銀座七丁目店 
03-3571-2590
東京都中央区銀座7-9-20 銀座ライオンビル2F
営業:11:30~22:30
定休:



ちなみにビヤホールはこんな感じ。

さすが創業1934年ビやホールって感じがします。

“作るなら後世に残る名店を”って意気込みがビンビンに感じられます。















銭湯で一杯やりたかったな!?ってネタバレですかね!?


以下メニューになります。





























スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

とんかつまい泉 青山本店@東京都渋谷区神宮前

本日は東京都渋谷区神宮前にあるとんかつまい泉青山本店にお邪魔しました。

聖地巡礼シリーズですな。




東京メトロ、表参道駅を降りるとこんな看板がありました。

http://blog.livedoor.jp/tsukijigo/archives/47641902.html




表参道駅からちょいと歩くとまい泉本店があります。

この場所にあって駐車場完備ってのが素晴らしいです。

守衛さんが凛々しいですね。




休日の12時前。

まだまだ平和な店内。

本日は2Fの座敷に案内していただきました。




着席と同時に出てくるお茶に大根おろし。




大根おろしだけで一杯行けちゃいますね。




おつまみも充実しております。

とんかつまいさんですが、日本蕎麦や中華、洋食なんかもあったりします。




とりあえずお新香。

ハーフサイズでこの充実っぷりがいいですね。




そしてポテトサラダ。

こちらもハーフサイズ。

甘目で旨い。




子供にはお子様ランチ。

カツサンドが半分に切ってあり、是非おつまみとしてお父さんの為にもうワンプレートと思ったら、12歳以下のお子様のみ注文可能だそうだ。

残さねぇかなぁ~っと思っている時に限って子供は平らげるもんである…。




奥さんにはサービスランチ。

やっぱりまい泉はとんかつです。

ご飯が進みます。

小鉢に刺身に焼き魚がまたご飯を進めさせます。

ちなみに小鉢の肉じゃが!?はカレー味。



聖地巡礼と言いながら、何度伺ってしまうまい泉本店さんでした。

ご馳走様でした。




帰りに代々木公園で子供に自転車の練習をさせながら、「Tokyo Trend Ranking 6月号」を拝読させていただき、大満足な休日になりました。


(目次)聖地巡礼



訪問履歴

 

とんかつまい泉 青山本店
0120-428-4850120-428-485
東京都渋谷区神宮前4-8-5 

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

アンナミラーズ高輪店@東京都港区高輪
本日は東京都港区高輪にあるアンナミラーズ高輪店にお邪魔しました。


http://www.imuraya.co.jp/brand/anna/

 

このブログで紹介するタイプのお店ではないのだが、なにせ2016年05月現在アンナミラーズはこちらの店舗しかないので、聖地巡礼シリーズってことで紹介させていただいている。



我が家がアンミラを利用するのは、品川アクアパークの後に来ることが多いので、土日がメインなためか
いつも待ちがあります。

これだけの人気店ならまた多店舗展開してほしいのだが…。




アンナミラーズと言えばパイ!


じゃなくて…。

やっぱり制服ですなぁ~。

”ウェイトレスの制服は、ブラウスとミニスカートの上に、胸元を大きく抉ったビブ・エプロンを着用して乳房を吊り上げて強調する、独特のデザインで人気が高い。漫画・アニメ・ゲーム他の登場人物が、アンナミラーズ制服に似た衣装を着ている事が多々ある他、ロイヤルホストにまで模倣されている。この制服人気の高さがコスプレ系飲食店などにも影響を及ぼしたと言われている。”

ウキペディアより



メイド喫茶の元祖なんですな。


ちなみに店内!?ウェイトレスは撮影禁止だった気がする。




まあともあれ品川駅の雑踏を見下ろしお茶がいただけるのはなかなかなもんです。




本日はパンプキンパイ。

やっぱり美味しい。

甘みが自然なので最後まで飽きることなくいただけます。




お代わり自由なコーヒーも嬉しいですね。

ウエイトレスさんが持ってきてくれるので…。




是非また多店舗展開してほしいアンナミラーズである。



前回のレポートでアクアパークの年パスを買おうか悩んでいたんですが、アンナミラーズの年パス代わりに購入してしまいました…。













アンナミラーズ高輪店
03-3443-3385
東京都港区高輪4-10-18ウィング高輪2F
8時~23時


訪問履歴



テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

銀座木村家(銀座本店)@東京都中央区銀座
本日は銀座木村家(銀座本店)さんにお邪魔しました。
 
銀座木村家(銀座本店)
 
 
何を言ってもこちらがあんぱんの元祖!あんぱんのへそに桜の塩漬けがのっているのはこちらのあんぱんしかありません。



実は今回は狙いがあって来ました。

前回訪問時

あんぱん@銀座木村家


まあ聖地巡礼な訳ですが…。


(目次)聖地巡礼



相変わらず大混雑の木村家さん屋さん。




めしばな刑事タチバナ18巻。第211ばな「あんこホイップクリームパン」に出てきた木村家総本家の秋冬限定のあんバターホイップを買いに来ました。

本愛知県民としては、あんこにバターの話を聞いたら居ても立っても居られない訳でして…。


ちょっとめしばな刑事にハマっていて…、めしばなシリーズができそうな勢いなんですが…。



何はともあれ、店内をくまなく探しますが、どうやら今は春らしいです…。



それでも元愛知県民としては、あんこにバターだけはゲットします。



あふれんばかりのバターが素敵。



あんことバターってホント美味しい。

しっかりしたパンがまたバターに合います。

またそのバターがこの量でもしつこくないのが不思議。


ひと昔前なら、「世にも珍しいあんこトースト」ってテロップがついていたんですけどね。

やっぱり木村家!かなり完成度が高いです。



来秋は絶対にホイップをゲットしてやる!!っと拳握りしめる私でございました。



銀座木村家(銀座本店)
03-3561-0091
住所:東京都中央区銀座4-5-7
定休日:12月31日(大晦日)、1月1日(元日)
営業時間:販売:10:00~21:00
          カフェ:10:00~21:00
          レストラン木村屋:11:00~21:00



テーマ:美味しかった♪ - ジャンル:グルメ

大戸屋@東京都豊島区東池袋

本日は東京都豊島区東池袋にある大戸屋池袋東口店にお邪魔しました。
https://www.ootoya.com/
あまりご紹介しない類のお店ですが、なんとこのお店は大戸屋の1号店。
聖地巡礼の旅であります。


ネット検索によると、大戸屋1号店はすでに存在しておらず、1号店の跡地にある東池袋店を1号店もしくは本店としているそうである。
厳密に言えば跡地の近くらしいですが…。


実は私大戸屋さんには馴染みがない…。
そう変わりははあるわけでは無いのですが、定食屋さんと言うより一膳飯屋さんみたいな所でカウンターから何品か見繕ってビールを飲むことが多いので、定食がメインの大戸屋さんには足が遠のいていたのです。


お昼時だったせいもあり大混雑の店内です。
コンセプトのおしゃれな定食屋ってのは体現できてますね。
まあその"おしゃれ"ってのが、私にはくすぐったいのですが…。


とりあえずビールのおしゃれさが全く見えない私…。


おつまみにおひたし。
醤油をざっとかけ回していただきます。


子供にはお子様ランチ。
「かあさんの手作り料理を」のキャッチフレーズにも違わない感じですね。
自宅変わらないラインナップ。


四元豚とたっぷり野菜の蒸し鍋定食。
うちの奥さんのチョイスも然り。


私は家では絶対に食べないばくだん。
何せ私、混ぜるのは嫌いなのだ。
日本にはなんでも作法があり、美意識があるはずなのだ。
食事は残さない。食べ終わった器も綺麗に、魚の骨は隠す。
とにかくきれいに食べたいのだ。
韓国料理などの混ぜるからこそおいしいものもあるが、和食は器を汚さずに食べたいのだ。
さらに、今はさほど不思議では無いご飯と食材を混ぜるだが、昔はねこまんまと言われ、いい大人がやるもんじゃなかったはずなのだ。
バブルも華やかだった時代に本場の焼肉店が数多く日本にもでき、本場の作法で焼肉を食べた。ビビンバを混ぜる。ジャージャー麺を混ぜて食べる。ハサミで骨つきカルビを切って食べる。箸にスプーンが付いてくる。
こんな所作に驚愕したのを克明に覚えている。
ついカレーも混ぜて食べるの?っと伺ったら、「混ぜて食べないは気取ってるみたい。」と答えられ、隣の国でも所作が随分違うんだなぁ~っと感心したものである。


そんな私が頼んでしまったばくだん。
ご丁寧にもよく"大胆にかきまぜてどうぞ"の説明付き。


こいつを混ぜて、しかもスプーンで食べるのはかなり背徳感がありますね。
結局マグロだけはつまみに平らげてから、かきまぜて食べたんですが…。
私はやっぱり混ぜないタイプです。
ごちそうさまでした。


おしゃれじゃなかった頃の大戸屋さんにお邪魔したかったかな?


混ぜるのは好きじゃなくても挟むのは好きなようで、池袋のランチパックカフェに寄って帰りました。


秋葉原にも行ってみようかしらん?
http://www.yamazakipan.co.jp/lunch-p/shop/index.html
(目次)聖地巡礼
大戸屋池袋東口店
03-3985-6134
東京都豊島区東池袋1-1-10
営業:7:00~23:00
定休:なし

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ