愛すべき食堂を残すために私たちのできることを探して。
大助うどん(満寿屋)@東京都練馬区西大泉

本日は東京都練馬区西大泉にある満寿屋さんにお邪魔しました。
屋号は満寿屋さんですが"大助うどん"で通っております。



前回訪れてからもう1年経つんですなぁ。

年を取ると時間が過ぎるのが早く感じていけません。



そんな年よりじみた感慨を吹き飛ばす暖簾。

味わい深いものです。





さて本日訪問したのは確かめたいことがあってのことです。




新手のユルキャラを一目見たいと思ってきたんですね。

食の軍師 3 うどんの名城




こちらのメニューは中盛りと大盛りの2種類。

つけ汁は温かく、麺が冷たいのを”もり”、温かいのを”あつもり”と称しています。




12時前の店内。

まだ相席にはなっておりませんでしたが、テーブルはすべて埋まっておりました。

そのテーブルを埋める方々すべて作業服!日本の高度経済成長を作った男衆の胃袋を支えてきたお店なんでしょうね。




着席するとお姉さんがお水を持ってきてくれます。

食券を見せ、もり(冷たいうどん)かあつもり(茹で上げうどん)かだけ伝え雑誌などをちら見します。




そしてこちらが練馬のユルキャラタヌキのキツネ入りである。

画像ではいまいち迫力が伝わりませんが、ユルキャラと言うには量が多すぎです。

前回訪問時は麺少な目でお願いしたのを忘れていました。




普通の3玉分くらいはあるんじゃないかと思われる量で、正直な感想は「食べきれるかぁ~!?」でした。




軍師の兵法に則って馬鹿でかい七味を大量に振ります。




一見タヌキはどこだ!?っと思われるつけ汁。

すっきりした味わいなんですが…。




隠れキャラも大量に入っています。

やっぱりうどんにはほうれん草が入ってなきゃいけません。




さらに食べ進めていくとタヌキが飛び出てきます。

最初はすっきりとした汁なんですが、食べるにつれ隠れていたタヌキの油がなじみコクが出てきて、一椀なのに前菜にメインディッシュを網羅したよう。

大量のうどんも、七味で味変、汁で味変と変化があってきれいさっぱりといただきました。


ご馳走様でした。


っが、次回は麺少な目でお願いしたいと思います…。



食の軍師の足跡を辿ってみようかと思う今日このごろである。


訪問履歴

キツネのタヌキ入り

肉うどん、熱もり


大助うどん(満寿屋)
03-3922-3028
東京都練馬区西大泉3-27-23
営業:10:30~16:00
定休:日

スポンサーサイト

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

平澤かまぼこ@東京都北区岸町

本日は東京都北区岸町にある平澤かまぼこさんにお邪魔しました。


現在ブログの整理をしております。

なぜか公開せずに眠っていたエントリーを呼び起こしていたりしますので、ご注意ください。

取り扱っている題材が題材だけに、もしかしたら存在しないものも…。

訪問の際はご確認ください。




土砂降りの雨の中、王子駅のすぐ近くにある平澤かまぼこに逃げ込みます。




戸板一枚で天国と地獄に分かれます。

もう関東のおでんと言ったらこれ!って感じの香りに包まれ、すでに幸せでございます。




店内こんな感じ。

カウンターの上には基本調味料やら、テイクフリーの漬物やら、とにかくサービス精神旺盛のお店です。




とりあえず熱燗をお願いすると、コップ酒におしぼりお通しまで出てきます。




すでに何をお願いしたか覚えていないんですが、何品かお願いして熱燗をすする。




お母さんと常連さんのお話に聞き耳を立て、お店の成り立ちや現状などを知る。



突然の電話があり、天国から地獄へ向かうことになりました。

またお邪魔します。ご馳走様でした。


捨てるには惜しエントリーだと思ったんですが…、こんなもんですわ!


平澤かまぼこ
03-5924-3773
東京都北区岸町1-1-10 NUビル 1F
10:00~22:00(L.O)
定休:日祝

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

蓬莱屋@東京都台東区上野

本日は東京都台東区上野にある蓬莱屋さんにお邪魔しました。

http://www.ueno-horaiya.com/index.html




上野と言ったら動物園にとんかつ!のイメージの私。

娘と動物園を回ってから、上野とんかつ御三家の蓬莱屋さんにお邪魔しました。

上野の黄金コースでございます。

空が青い!いったい、いつの画像なんだろう…。




暖簾をくぐると凛とした店内。

一階はカウンターにテーブル。

一般的なとんかつ屋のイメージと異なり、料亭や高級な寿司屋のイメージ。

子連れじゃ入れてくれないかな!?なんて思ってしまいますが、接待は優しく丁寧で、子連れや外国人観光客は二階の座敷に通してくれます。




清掃の行き届いた座敷にテーブル。




キャベツにご飯はお代わり自由。

お子様メニューはありませんが一人前食べられないお子様もそう気にしなくていいようです。




一口かつ。

脂に頼らないとんかつってのが良いんですよね。

うちの5歳児は一人前近くバクバク食べます。

味噌汁が蕎麦猪口に入っているのが謎なんですが、ちょっと聞きづらい雰囲気があります。




ヒレカツ。

こちらのお店がヒレカツの元祖って話ですね。

豚肉って脂がなくてもこんなに美味しいんだ!と豚肉を見直してしまいます。


二階の接待は外国人なんですが、今どきこんな接待できる人って少ないよなぁ~っと思ってしまうくらいスマートな接待をしてくれます。

日本流のおもてなしを継承するのは外国人ってのがちょいと寂しくなってしまいますが、日本文化の理解をしてもらえるならいいのかな!?


ご馳走様でした。



そして上野と言ったら忘れてならないのはアメ横。

デザートは食べ歩きです。


訪問履歴

http://hal9000se.blog.fc2.com/blog-entry-2384.html


蓬莱屋

03-3831-5783

東京都台東区上野3-28-5

営業:11:30~14:00、17:00~20:00 
定休:水

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

翁そば@東京都台東区浅草2-5-3

本日は東京都台東区浅草にある翁そばさんにお邪魔しました。




雨のしとしと降る日。

浅草だったらアーケードや地下街で、雨に濡れなくても食事をとるところくらい見つけられるんですが…、メンドクサイ性格な私は、創業大正3年、カレー南蛮の評判がいいと聞けばあえて雨に濡れて伺ってみるわけです。


奥の青い看板は水口食堂さんですね。

水口(水口食堂)@東京都台東区浅草




暖簾をくぐり不相応にも座敷に上がりこみます。

テーブルには割り箸、七味、爪楊枝にでっかい灰皿。

寒い日だったんですがお水が出てきました。




メニューは短冊のみ。

結構シンプルですが、蕎麦屋の基本を押さえたラインナップ。

いろいろ試したくなる気持ちを抑えまして、初心貫徹カレー南蛮蕎麦をお願いすることに。




カレー南蛮蕎麦。

ネギは別皿で提供されます。




具はシンプルに鶏肉に玉ねぎ。

蕎麦屋のカレーは旨いってのはここが発祥なんじゃないかと思うくらいルーが旨いですね。

鶏肉も脂に頼らない旨みがある肉ですね。

そして独特な蕎麦。あれっ!?カレーうどんを注文したっけな!?と思うくらいの太麺。

これがカレースープをよく持ち上げること!蕎麦は喉越しなんて概念をふっとばしますね。

カレースープをふんだんに纏った麺をすすりあげ、太いそばを嚙み下すと蕎麦が香ります。

ずずっとすすり上げ、身も心も温まりました。

ご馳走様でした。



私この日はスーツだったのですが、席を立とうとすると奥さんが靴ベラを出してくれました。

普段革靴なんかあまり履かないせいもありますが、私はたぶん初めて受けるサービスでした。

お見送りまでしていただき、久しぶりにおもてなしを感じたお店でした。

また来ます!


翁そば
東京都台東区浅草2-5-3
営業:11:45~15:00 16:30~19:30
定休:日

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ

東照宮第一売店@東京都台東区上野公園

本日は東京都台東区上野公園にある東照宮第一売店にお邪魔しました。


本日は赤ちゃん返りしているお姉ちゃんと義理の母を連れて上野公園へ。

義理の母を美術館に送り出し、私は上の娘と一緒に上野動物園へ。

 



っと思ったんですが、動物園の入り口を左にパスする娘。

東照宮に参拝かな!?っと思ったら、お茶屋さんにかけていく娘。

家の教育は間違っていないらしい…。




店内こんな感じ。

テーブルに小上りもあります。




とりあえず乾杯。

ちなみに喫茶のみだと売店の前の椅子に通されます。




残暑厳しい中なのでかき氷にそそられるのですが、ビールのつまみにはなりませんね。




メニューを見ながら、「なんかつまみになるものはないかね?」っと伺うと、「おでんか焼き鳥かな。枝豆もあるよ!」っと答えてもらったのですが、「ラーメンお願いします。麺を半分にできますか?」っと素っ頓狂な注文をしてしまう私。流石に”ラーメンの抜き”はお願いできませんでした。

素っ頓狂な注文にも笑顔でできますよ!っと答えてくれたお姉さんに感謝。




ラーメン(麺半分)。

シナチクどっさり、海苔にナルトチャーシュー。抜きではないですが、いいつまみになりますね。

こんな酔狂なことをやってみると、蕎麦の抜きは種で飲むんじゃなくて出汁で飲むんだなぁっとよくわかります。

ラーメンスープじゃつまみになりませんね。

麺はほぼ娘が平らげてご馳走様でした。



ネットで調べるとこちらはカレーが有名。

カレーソーメンってので一杯やってもよかったですね。

ちなみに私は料理自慢の男性が「俺のカレーを食ってみろ!」っと言うとご辞退することが多いですね…。












正直、カレーと生姜焼きってのは誰が作っても…。

昔はホテルのカレーって美味しいって思ってたんですけど、ただの缶詰カレーが旨いって言うだけだったんですよね。

今はカレールーも美味しいし…。

まあ魔法のソースは誰が作ってもって感じですよね。

今んとこ頭一つ抜いているカレーソースは瓶詰かな!?あんま流行らないですけどね…。



東照宮第一売店
03-3823-3879
台東区上野公園9-86
定休:
営業:

テーマ:こんなお店行きました - ジャンル:グルメ